• 会員限定
  • 2022/05/12 掲載

求心力が急低下するシリコンバレー、テック人材が他都市に流出にする「切実理由」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
かつてGAFAMなどテック大手企業の人材ハブだったシリコンバレーだが、その求心力は大きく低下しているようだ。いまはシリコンバレーに代わり、テック人材雇用はヒューストンやデトロイトなどで増えているという。その理由はこれらの都市の台頭だけではない。各種の最新データを踏まえ、シリコンバレーと他都市で起きている大きな変化を探ってみたい。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
シリコンバレーがあるサンフランシスコの街並み
(Photo/Getty Images)

リンクトインのデータが示す、大手企業の人材雇用が多い都市

 かつてGAFAMなど米大手企業の人材ハブだったシリコンバレーを含むベイエリアだが、米国内の他都市の台頭により、その求心力は相対的に低下しているようだ。

 ビジネスSNSのリンクトインがこのほど発表した米大手企業50社の人材雇用分析レポートによると、2021年大手企業による雇用数が最多だった都市は、ヒューストンであることが判明。また2~6位には、デトロイト、マイアミ、オーランド、シカゴ、オースティンがランクインした。

 ベイエリアが位置するのはカリフォルニア州だが、同州からはベイエリアに近いサクラメントが7位、またカリフォルニア南端に位置するサンディエゴが8位にランクイン。このほかトップ10には、ニューヨークが9位、ナッシュビルが10位にランクインした。全体としてサンノゼなどシリコンバレーの主要都市ですらトップ10内にランクインしていない。

 このランキングは、リンクトインが毎年実施している「キャリアを伸ばせる企業トップ50(Linkedin Top Companies)」の2022年米国版にランクインした50社の雇用動向から算出されたもの。

 このトップ50企業ランキングでは、アマゾン(1位)、アルファベット(2位)、アップル(9位)、メタ(12位)などGAFAM企業のほか、IBM(6位)、デル(14位)、ベライゾン(18位)、インテル(23位)、オラクル(27位)、セールスフォース(28位)、シスコ(30位)、コグニザント(33位)、ジュニパーネットワークス(46位)など多数のテック企業がランクインしており、結果として上記の人材雇用ランキングにもテック人材雇用状況が反映される形となっている。

 ちなみに、リンクトインはマイクロソフト傘下の企業であるため、リンクトイン含めたマイクロソフト関連企業は、同ランキングから外されている。

コロナで加速、シリコンバレーからの人材流出

 ベイエリアが人材ハブとして存在感を弱めている状況は数年前から観察されているが、パンデミックでこの状況が加速した印象だ。

 Axiosがまとめたリンクトインデータ分析で、それが数字として如実にあらわれている。

 この分析は、2020年3月~2021年2月の期間、リンクトインのユーザープロファイルの職場ロケーションの変化を調べたもの。分析対象となったのは、テック人材(ソフトウェア/IT系)だ。

 分析の結果、マイアミ、ヒューストンなどでテック人材の流入が確認された一方、ベイエリアやニューヨークでは人材が多数流出したことが判明した。

画像
テキサス州ヒューストンのダウンタウン
(Photo/Getty Images)

 2020年3月~2021年2月の期間で流入数が最も多かったのは、マイアミ/フォートローダーデール地域で、人材の増加率は15.4%だった。このほか、ヒューストン(10.4%増)、ダラス/フォートワース地域(8.6%増)、フィラデルフィア(8.1%増)、ロサンゼルス(6.5%増)、アトランタ(2.9%増)、デンバー(0.5%増)などで人材流入が確認された。

 一方、人材流出では、ベイエリアからのテック人材流出が顕著で、その減少率は34.8%と非常に高い値となった。この数値は、ニューヨークの18.2%減やシアトルの17.2%減を2倍上回る。

 このほか、ボストン(9.7%減)、ワシントン(9.6%減)、オースティン(8%減)、シカゴ(5.1%減)などで人材流出が確認された。

【次ページ】人材の流出が起きる「切実な」理由

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます