開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2020/10/26

NTTデータとしんきん共同センター、信用金庫向け新サービス提供開始

NTTデータ

photo

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)と一般社団法人しんきん共同センター(以下:しんきん共同センター)は、信用金庫の窓口業務を大幅に効率化する「営業店窓口支援システム」の提供を2020年11月より開始します。

本サービスは、しんきん共同センター加盟金庫の営業店において、タブレット端末を活用した窓口手続きを可能とし、お客さまの記入負担や信用金庫職員の入力負担を軽減します。加えて、タブレット端末に入力された情報が、営業店端末、しんきん共同システムに連携されることで、後続のオペレーション負担や事務ミスが軽減されるほかAML(アンチ・マネー・ロンダリング)のチェックも自動的に行われるなど、後方事務も合理化・効率化されます。この結果、お客さまとのコミュニケーションの時間が増え、信用金庫の強みである「Face to Face」による営業力の強化にも貢献します。

NTTデータとしんきん共同センターは、本サービスを2020年度中に40金庫以上へ導入予定です。また今後、数年以内に150金庫以上への導入を目指します。

【背景】

銀行業界では、事務コスト削減のため、お客さまの各種申し込み手続き等におけるタブレット端末の活用が進んでいます。信用金庫業界でも、お客さまの記入負担軽減、窓口事務の負担軽減(紙媒体の申込書のシステム入力・確認作業の軽減)等のため、タブレット端末を利用したサービスのニーズが高まりつつあります。

こうした中、NTTデータとしんきん共同センターは、お客さまの利便性向上、信用金庫の業務効率化・事務リスクの軽減とともに、お客さまとのコミュニケーション強化をサポートするサービスとして「営業店窓口支援システム」を開発しました。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!