開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/04/09

新潟市・NTTドコモなど、「5G時代の新たな産業創出に向けた産学官の取組み」

NTTドコモ、国立大学法人新潟大学

photo

 新潟市、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、国立大学法人新潟大学(以下、新潟大学)、学校法人国際総合学園新潟コンピュータ専門学校(以下、NCC)は、第5世代移動通信システム(以下、5G)等先進技術の分野において、産学官が相互に協力する体制を作ることで、新たな地場産業創出に繋がる取組みを促進するための連携協定(以下、本協定)を本日、締結いたしました。

 新潟市においては、「若年層を中心とした都心部への人口流出」、「地域経済の発展」が課題となっています。それを解決するために、本協定を通じて、5Gを活用した新たな産業創出を推進していきます。

 具体的には、新潟市の産業振興センター内に開設予定の「5Gビジネスラボ」を拠点に、新潟市の運営のもと市内外の企業が参加する「DXプラットフォーム」を立ち上げ、ドコモ、新潟大学及びNCCが「DXプラットフォーム」と連携することで5Gビジネスの活性化を図ります。そして、次世代産業の担い手を育成するために、ドコモが学生向け5G講演会や5Gを体験できるイベントを新潟大学やNCCと協力して開催し、5Gを用いた新サービスのアイデア創出を促進します。また、継続的な発展をめざして、ドコモは新潟大学とともにBeyond5Gの共同研究を進めてまいります。

 これらの取組みにより、新たな地場産業を創出し、新潟市の魅力向上をめざします。

 新潟市、ドコモ、新潟大学、NCCは、本連携協定を通じて、新潟市の経済発展とさらなる地域活性化をめざし連携していきます

プレスリリース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!