ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2022/12/07 掲載

世界初のDX提唱者ストルターマン教授に聞く、いま「DXが危機的状況にある」根本原因

記事をお気に入りリストに登録することができます。
世界で初めて「デジタルトランスフォーメーション(DX)」という言葉を提唱した、インディアナ大学副学部長 エリック・ストルターマン氏。2004年にこの言葉を発表してから18年、ストルターマン氏は「多くの企業がアナログ的価値観から抜け出せておらず、このままではDXが失望に終わる」と深い危機感をあらわにする。そこで、改めてストルターマン氏にDXの意味を問い直し、「真のDX」に向けて経営者が進むべき道について聞いた。聞き手は『1冊目に読みたい DXの教科書』を上梓したデジタルトランスフォーメーション研究所 代表取締役 DXエバンジェリストの荒瀬光宏氏。

聞き手:鍋野敬一郎、構成・執筆:松尾慎司、吉見朋子、撮影:大参久人

聞き手:鍋野敬一郎、構成・執筆:松尾慎司、吉見朋子、撮影:大参久人

フロンティアワン 代表取締役 鍋野敬一郎
同志社大学 工学部 化学工学科(生化学研究室)卒業。1989年総合化学メーカー米デュポン社(現ダウ・デュポン社、農業用製品事業部所属)入社。1998年独ソフトウェアSAP社を経て、2005年にフロンティアワン設立。業務系(プロセス系:化学プラントや医薬品開発など、ディスクリート系:組立加工工場や保全など)の業務コンサルティング、システムの調査・企画・開発・導入の支援に携わる。2015年より一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)サポート会員となり、総合企画委員会委員、IVI公式エバンジェリストなどを務める。

画像
インディアナ大学 副学部長 エリック・ストルターマン氏

言葉の誕生から18年、DXの定義は変わらない

荒瀬光宏氏(以下、荒瀬氏):2004年、あなたは世界に先駆けてデジタルトランスフォーメーション(DX)の概念を定義されました。改めてこの言葉が生まれた背景について教えていただけますか。

エリック・ストルターマン氏(以下、ストルターマン氏):私がウメオ大学(スウェーデン)でこの言葉をはじめて発表した当時、デジタル技術がいかに大きな社会発展につながるものか、ちょうど世の中に認識され始めた頃でした。

 DXの影響とは決して表面的なものではなく、これまでにない深いレベルで変革をもたらすものです。たとえばビジネスの場面では、顧客体験を根底から覆すものであることはいまや自明でしょう。これはビジネスの世界だけでなく、政府自治体や個人のライフスタイルまで、あらゆる場面で同じことが言えます。

 しかし当時、それを話題にする人たちの多くは、これを技術的側面でしか捉えていませんでした。デジタル化を物事を効率化し、スピードアップさせることだと見ていたのです。そこで私たちは本当の意味を理解してもらいたいと思って、DXという言葉を作りました。

荒瀬氏:発表から18年を経たいま、当時と比べてDXの定義に変化はありましたか。

ストルターマン氏:基本的な概念と定義に変化はありません。ありとあらゆる物事がデジタル化されると、すべてが根源的に変化するという考え方は、当時のままです。

 しかし、多くの企業がDXを実践し、あらゆるチャレンジをしようとしているものの、すべてが正しく実行できているかと言えばそうとは限りません。

画像
デジタルトランスフォーメーション研究所 代表取締役 DXエバンジェリスト 荒瀬 光宏氏

ほとんどの企業は「小手先の変革」にとどまっている

荒瀬氏:DXを正しく実行できていないとは、どういうケースですか。

ストルターマン氏:本来、企業におけるDXとは、達成すべきビジョンに向けてビジネスの仕組みそのものを変えなければなりません。デジタル化がもたらす重要な変化とは、私たちが行うすべてのプロセスと方法が、「再構築されること」だからです。これは企業の組織づくりや、カルチャー、社員教育、ガバナンスなど、あらゆる範囲に及ぶものです。

 しかし、現在のDXと呼ばれるものが、業務の効率化や事業活動のスピードアップなど、「小手先の変革」にとどまっているケースは実に多いのです。そのため、ほとんどの企業は、「プロセスの一部をデジタル化することがDXだ」と勘違いしています。こうした誤解は、DXに対する理解がまだまだ不足しており、本物のイノベーションについて完全に理解していないゆえに起こるのでしょう。

荒瀬氏:DXという言葉だけが先行して、形だけに終わってしまっているということでしょうか。

ストルターマン氏:そうですね。しかし、それは決して日本に限ったことではありません。ほとんどの人は表面的にしかDXを理解しておらず、そのまま実装しようと試みます。しかし、それをするとどうなるか。

 残念ながら、その行き着く先は「失望」です。「せっかくDXしようとしたのに、何も起こらなかった」「ただのバズワードにすぎなかった」など、不信感だけに終わってしまうでしょう。ポジティブな成果につながらないだけでなく、ネガティブな評判が立ち始めてしまうのです。

【次ページ】モノを捨ててDXに大成功した製材会社

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます