• 会員限定
  • 2023/01/28 掲載

アップル ヘッドセット「Reality Pro」今春発表・秋から出荷か?明らかになる開発状況

記事をお気に入りリストに登録することができます。
2023年に入りアップルのAR/VRヘッドセットに関する最新情報が有力情報源から相次いで発信されている。それらの情報によると、アップルは今春にも新ヘッドセットを公開し、秋ごろから出荷を開始する計画という。どのようなヘッドセットが登場するのか、競合の動きを含め、最新情報を追ってみたい。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

画像
アップルからどのようなヘッドセットが登場するのか?
(Photo/Getty Images)

アップルのヘッドセット、3,000ドルで販売か

 リリース日に関してさまざまな臆測が流れているアップルのVR/AR/MRヘッドセットだが、2023年に入り、有力情報が複数発信されている。1つは、著名アナリスト、ミンチー・クオ氏による予想だ。

 クオ氏は1月6日、ツイッターでアップルが早くて今春にもAR/MRヘッドセットを発表する可能性があると発信。もともと2023年1月に発表する予定だったが、機械部品の落下試験とソフトウェア開発ツール関連の問題により、春以降にずれ込む形になった。現在の開発ペースでは、春のメディア・イベントかアップルが毎年6月に開催しているWWDC(World Wide Developer Conference)での発表が有力視されているという。

 クオ氏に続き、ブルームバーグもアップルがMRヘッドセットを春ごろに発表する可能性が高いと報じている。1月8日の記事によると、アップルは6月のWWDC前となる春にMRヘッドセットを発表する計画で、すでに一部の有力ソフトウェア開発企業にヘッドセットデバイスを共有し、ヘッドセット用のアプリ開発を進めているとのこと。

 ヘッドセットのオペレーティングシステムは社内では「Borealis」と呼ばれているが、公式名は「xrOS」になる見込み。また今回発表されるMRヘッドセットの名前は「Reality Pro」になる公算が大きく、出荷は秋ごろになるという。

 アップル社内では、このヘッドセットプロジェクトが大詰めを迎えており他部署から多くのソフトウェアエンジニアやハードウエアエンジニアが駆り出され、他のプロジェクトにも影響が出始めているとも報じられている。

 ヘッドセットの価格は2,000~3,000ドル、パススルー機能により、利用者の周囲の状況をヘッドセットスクリーンに投影することができる。また、アップルのMessages、FaceTime、Mapsなどのヘッドセット版が利用できるようになるという。

画像
アップル社内ではヘッドセットプロジェクトが大詰め
(Photo/Getty Images)

開発体制強化の動きが顕著なヘッドセットプロジェクト

 ブルームバーグは、アップルのヘッドセットプロジェクトに社内他部署から多数の人材が駆り出されていると伝えている。一方、同社は新規でもAR/VR関連人材の雇用を加速させており、開発体制を強化しようという動きが顕著になっている。

 アップルの求人情報では以前からAR/VR人材の雇用が増えていたが、2023年も初月からAR/VR人材の新規求人が多数掲載されている

 2022年12月19日時点、アップルの求人ページで「AR/VR」というキーワードで検索すると、関連求人数は約141件だった。2023年1月25日時点で、同じキーワードで検索すると求人数は152件に増えていることが確認できる。

 直近では「AR/VR Audio」に関する求人が散見され、アップルが同社の主要アセットの1つであるアップルミュージックをAR/VRヘッドセットの訴求に活用する可能性なども見てとることができる。

 AR/VR Audioに関しては、「TDG SW EPM - AR/VR Audio(シリコンバレー勤務)」といった求人情報が掲載されている。TDGとは、アップルの極秘開発部門 The Technology Development Groupの略称。この求人は、同部門でEPM(Engineering Program Manager)として、AR/VR体験のためのオーディオソフトウェアの開発に従事する役職となる。

 The Informationが1月3日に報じたところでは、アップルの新ヘッドセットにはAir Podsとの低レイテンシーワイヤレス接続を実現するために、特別な技術が導入される見込みという。この情報からもヘッドセットでの音楽体験が重要視されていることがわかる。

【次ページ】競合となるメタのフラッグシップモデル、厳しい評価の訳

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます