• 会員限定
  • 2023/04/14 掲載

Outlook時短術、5つの機能と4つの初期設定で圧倒的にムダをなくす

連載:Outlook「最強」仕事術

記事をお気に入りリストに登録することができます。
「メール作業にムダな手間をかけて、余計な時間を消費することはもうやめましょう。私たちにはメールのほかにも、やるべき仕事がたくさんあるはずです」と語るのは、『時短 × 脱ムダ 最強の仕事術』の著者で、80冊以上のIT著書を持つ橋本 和則氏です。新入社員も増える4月、初めてOutlookを使うという方も多いのではないでしょうか。橋本氏がメール作業のムダをなくすための5つの機能や4つの初期設定方法をわかりやすく解説してくれました。

執筆:橋本 和則

執筆:橋本 和則

IT著書は80冊以上に及び、代表作には『帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112』『小さな会社のLAN構築・運用ガイド』『Windows 10上級リファレンス』『Windows 10完全制覇パーフェクト』などがある。 Windows・セキュリティ・時短術・カスタマイズ・ハードウェア・ネットワークを個性的に解説した著書が多く、読者評価も高い。 Windows 11総合サイト「Win11.jp」(https://win11.jp/ )のほか、サーフェスの総合サイト「Surface.jp」(https://surface.jp.net/ )、橋本情報戦略企画Web(https://hjsk.jp/ )など7つのWebサイトを運営。 オンライン講義も好評で、受講者満足度は10点満点で平均8.9点のスコアを誇る。 IT Professionalの称号である、Microsoft MVP(Windows and Devices for IT)を16年連続受賞。

時間を生み出すことができるメール

photo
『時短 × 脱ムダ 最強の仕事術』
画像をクリックすると購入ページに移動します
 1日の仕事において、いったいどれだけの時間をメールに割いているかを計測したことはあるでしょうか?

 筆者は数年前、3カ月間のメール作業時間を計測してみたところ、なんと1日平均1時間弱も費やしていました。3時間以上メール作業に費やしている日もあったことに驚き、落胆しました。

 そう、メール作業こそが仕事のボトルネックだったのです。メールによって仕事のリズムが狂わされたことや、ちょっとした操作ミスでストレスを増幅させたことも少なくありません。だからこそ、メール作業はわかりやすい管理とスムーズな操作による最適化&効率化が必要なのです。

 Outlookでのメール作業全般をもう一度見直し、機能や活用方法を学習すれば、「就業時間内に時間を生み出す」ことができ、その余裕ができた時間を仕事本来の根幹たる作業に充てることができます。

時短につながる自動化&テンプレート化の5つの機能例

 Outlookの各機能を把握した上でショートカットキーを活用すれば、メールの確認や返信という目の前の作業をある程度時短できます。

 しかし、Outlookは他のアプリとは異なり、過去のメールを見返したり、同じようなメールを定期的に何社にも送信するなどの作業も多いため、「将来の作業を想定して時短を追求する 」ことが大切になります。

 たとえば、以下のような事項です。

  • 受信メールを自動的に指定フォルダーに仕分ける
  • メールを自動的に「分類」(色分類)して、取引先ごとにメールを一覧化できるようにする
  • 後日返信しなければならないメールは「フラグ」で管理し、作業内容や返信を忘れないようにする
  • メールの定型文を「クイックパーツ」に登録しておき、お決まりの本文をいちいち入力することを避ける
  • 「請求書」「お礼」「定例会議」などの定期的なメールで使用する宛先・件名・メール本文は「テンプレートファイル化」しておくことで、メールの作成を超時短する

 ここで記述していくときりがありませんが、「メールの仕分けを自動化する」「テンプレート化して文字入力を減らす」など、将来のメール作業を効率化する工夫こそが、Outlookを使いこなすキモといってよいでしょう。


【次ページ】絶対にやるべき4つの初期設定

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

オンライン

Copilot for Microsoft 365 に備えてIT管理者が気を付けるべきポイントは?

テレワーク環境の拡大で今や多くの企業で一般的に使われるようになった Microsoft 365 。 便利ではあるものの、従来と異なるデータの扱い方やセキュリティ対策に悩まされる運用管理者が多いのも事実です。 そんな中、話題のMicrosoft 社が発表した次世代AIによる仕事の副操縦士「Copilot for Microsoft 365」が2024年1月16日からは購入チャネルの追加や最小購入ライセンス数の撤廃などで、より多くの方に利用できるようになり、JBCCにも多くのお問い合わせをいただいております! 夢が広がる一方ですが、実は使う前に正しい準備ができていないと期待していた利活用ができない可能性があります。 例えば、Microsoft 365 の中に Copilot に必要なデータが蓄積されていなければいけません。 では、どんなデータを蓄積すればいいの?単にファイルを蓄積するの?蓄積されたデータはどう扱うの? 本セミナーではJBCCの Microsoft 365 プロフェッショナルの3名をお呼びし、「Copilot for Microsoft 365」利用に関して、よくお問い合わせが来る質問を直接お聞きします! その他にも Microsoft 365 を正しく運用するコツなどを語っていただきますので、 是非、ご参加ください!

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます