• 会員限定
  • 2023/04/28 掲載

アップルがインドで初の店舗開設、クックCEOも電撃訪問の「真の狙い」とは?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
アップルは4月20日にインドの首都ニューデリーで同国初となる店舗を開設した。この開設に合わせて、同社のティム・クックCEOが7年ぶりにインドを訪問。2023年2月の投資家向け会議で、クックCEOはインド市場に非常に強気だという発言を行っていたものの、本人が訪問するかどうかはインド市場に対する試金石とみられていた。2022年には生産拠点としても拡大しており、アップルはインドへの投資を加速している。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
アップルはインドの首都ニューデリーに初の直営店をオープンした
(出典:アップル報道発表)

アップル、インドで初の店舗開設へ

 アップルがインドで初の店舗を開設した。同社はサプライチェーンの分散化に注力しており、特にインド市場への傾倒が顕著になっていたところ。今回の店舗開設の動きは、iPhoneの販売と製造において、インドの重要性が益々高まっていることを示すものだ。

 店舗開設にあたり、同社ティム・クックCEOが開設イベントに参加したことからも、同イベントの重要度を測ることができる。クックCEOが前回インドを訪れたのは2016年で、今回の訪問は実に7年ぶりとなる。

画像
インドでの出店に合わせてティム・クックCEOは7年ぶりに訪印した
(出典:アップル報道発表)

 これまでインドにおけるアップル製品の販売は、2020年に開設されたオンラインストアを介して行われてきた。アップルがこのタイミングで店舗を開設する背景には、インドのリテール市場におけるラグジュアリープロダクト需要の急速な高まりがある。

 この流れはスマートフォン市場でも如実に反映されるようになってきているのだ。

 カウンターポイントリサーチによると、インド市場における2022年のiPhone出荷台数は前年比16%増加し、アップルはスマホ市場のプレミアムセグメント(365ドル以上)とウルトラプレミアムセグメントで首位を獲得した。

 また2022年10~12月期の出荷価格でもアップルは市場トップとなっており、カウンターポイントリサーチは、同社にとってインドの存在感が高まっていると指摘している。

 カウンターポイントリサーチが示すインド市場におけるアップルの好調ぶりは、四半期決算でも確認できる。2022年10~12月期には、インドにおけるiPhoneの売上高が過去最高を記録、またiPhoneユーザー数の増加率も「二桁」に高まったことが報告されているのだ。これを受け、クックCEOも2023年2月に実施した投資家向け会議で「インドに非常に強気だ(I’m very bullish on India)」と発言、またインドに「大量のエネルギーを投入している(putting a significant amount of energy)」と強調したと報じられている。

販売だけでなく、製造面でもインドに注力

 インド市場は、アップルにとってiPhoneの販売だけでなく、製造拠点としても重要度が高まっている。インドでは2017年にiPhoneの製造が開始されたが、製造されていたのは、フラッグシップではなく、製造が比較的簡易なモデルだった。

 しかし2022年、フラッグシップとなるiPhone14の製造が開始され、製造能力も今後さらに拡大することが計画されているのだ。初回ローンチに近い時期に、フラッグシップモデルが製造されるのは、インドでは初の出来事で、多くのメディアで注目された

 iPhoneに関しては、その大半が中国で製造されている。しかし、今後インドの製造シェアは急速に高まる公算が高まっている。

 2023年1月インドのピユーシュ・ゴワル商務産業大臣は、同国のiPhone製造シェアが現在全体の5~7%ほどであるとした上で、アップルがこのシェアを25%に高めることを目標としていると発言したのだ。

 昨年のコロナ騒動でアップルの製造を請け負う台湾Foxccon(ホンハイ)が中国鄭州で運営する世界最大のiPhone工場で、労働者の抗議により生産が停止したことがインドシフトの加速につながったとみられている。 【次ページ】アップルの目論見、インド以外での分散化

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます