• 会員限定
  • 2023/12/11 掲載

アルトマンvsイーロン・マスク、「OpenAIお家騒動」で開戦のワケ、裏には根深い因縁も

連載:米国の動向から読み解くビジネス羅針盤

記事をお気に入りリストに登録することができます。
OpenAIで起こった突然のサム・アルトマンCEOの解任・復帰騒動。日本でも大きな話題を呼び、連日報道されたのは記憶に新しい。実はそのOpenAIの創設メンバーに名を連ねていたのが、テスラの総帥として知られるイーロン・マスク氏だ。OpenAIとは根深い因縁があり、現在はOpenAIのChatGPTに対抗して、対話型AIのGrokを開発、12月から提供を開始している。そんなマスク氏は、ライバルとなったOpenAIの一連の騒動をどう見たのか。その言動を追った。

執筆:在米ジャーナリスト 岩田 太郎

執筆:在米ジャーナリスト 岩田 太郎

米NBCニュースの東京総局、読売新聞の英字新聞部、日経国際ニュースセンターなどで金融・経済報道の基礎を学ぶ。現在、米国の経済を広く深く分析した記事を『週刊エコノミスト』などの紙媒体に発表する一方、『Japan In-Depth』や『ZUU Online』など多チャンネルで配信されるウェブメディアにも寄稿する。海外大物の長時間インタビューも手掛けており、金融・マクロ経済・エネルギー・企業分析などの記事執筆と翻訳が得意分野。国際政治をはじめ、子育て・教育・司法・犯罪など社会の分析も幅広く提供する。「時代の流れを一歩先取りする分析」を心掛ける。

photo
イーロン・マスク氏はOpenAIのお家騒動をどう見たのか?
(Photo:jamesonwu1972 / Shutterstock.com、Frederic Legrand - COMEO / Shutterstock.com)

マスク氏とOpenAIの浅からぬ因縁

 マスク氏とOpenAIには、浅からぬ因縁がある。

 アルトマン氏らが2015年に非営利組織としてOpenAIを設立した際、マスク氏は最大で10億ドル(約1,500億円)の資金提供を約束してそのプロジェクトに加わった。OpenAIの名付け親は、マスク氏その人である。

 マスク氏が共鳴し賛同したOpenAIのミッションは、想定外の状況でも自ら学習し、能力を応用して処理できる、人間に近い知能を持つ汎用人工知能(AGI)が全人類の利益となるようにすることだ。OpenAIが金儲けを語らない理想主義的な目的だったという面において、マスク氏自身が2023年7月に設立したxAIの目的である「宇宙の真の性質を理解する」と似ていなくもない。
画像
イーロン・マスク氏とOpenAIの因縁がGroKとChatGPTの対立を生んだ
(Photo:Sina Salehian / Shutterstock.com)

 しかしxAIはGrokを開発し12月から提供を開始したのだが、これを利用するにはマスク氏が買収したX(旧Twitter)で月間16ドル(約2,400円)のサブスク料金がかかるX Premiumに加入する必要がある。当初からの収益化を目指しており、マスク氏のAIとのかかわりがビジネスと切り離せないことの、1つの証左であろう。

マスク氏の買収提案、辞任、そしてマイクロソフトの参画

 マスク氏は2018年、OpenAIのAI開発が競合グーグルのDeepMindに致命的な遅れを取っていると主張し、OpenAIを買収することを提案する。だがこの動きは、テスラ車の完全自動運転(FSD)など、自身のビジネスにOpenAIの成果を取り込むためだと見透かされ、アルトマン氏らOpenAIの取締役会のメンバーから反対を受けて頓挫してしまう。

 孤立したマスク氏は取締役会を辞任し、OpenAIへの寄付も当初約束していた額の1/10に過ぎない1億ドルに減らしてしまった。マスク氏の「兵糧攻め」を受けて資金源に窮したOpenAIは、開発続行のため商業化路線にかじを切ることを決意した。

 新たな出資者を求めて2019年に営利孫会社を設立し、アルトマン氏がそのCEOに就任。その可能性に着目したのが、米マイクロソフトのサティア・ナデラCEOだ。やがてマイクロソフトは営利孫会社株式の49%を保有し、総額130億ドル(約1.9兆円)を超える膨大な出資金を提供するようになる。

 この商業化路線で息を吹き返したOpenAIが2022年11月に世界の話題をさらったChatGPTをリリースし、当時低迷にあえいでいた米テック業界を救うという、マスク氏にとっては何とも皮肉な展開となった。マスク氏の資金引き揚げが、あろうことか大成功を導いてしまったのだ。マスク氏が2018年にOpenAIを去る際に、「(同社が)いずれつぶれる」とまで語っていたにもかかわらず、である。

 米ニュースサイトのSemaforに情報筋が語ったところによれば、マスク氏はChatGPTの華々しいローンチに激昂し、OpenAIが自身の買収したTwitter(後のX)の貴重なデータを根こそぎ引っこ抜かないように、OpenAIからのアクセスを直ちに遮断した。そうして改めてxAIを設立し、そのxAIにXの投稿データを活用したGrokを開発させ、Xのプレミア付きサブスクプランとして商業的な提供を始めたというわけだ。 【次ページ】「マスク氏vsアルトマン氏」が幕開け

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます