開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2008/10/30

【連載】ザ・コンサルティングノウハウ(1):コンサルティングノウハウの存在に気付く

社内コンサルタントの育成を目指す企業が増えている。その狙いは、経営に資するIT戦略の策定や、コンサルティング営業による勝率・利益率の向上、グローバルグループ会社に対する本社支援力の強化などさまざまである。しかし多くの企業では、コンサルタントの育成はうまく進んでいない。この理由は、コンサルタントが、分析技法や方法論などの技術修得によって育成されるという誤解にある。コンサルタント育成に重要なのは、技術ではなくノウハウである。この連載では、コンサルティング会社の実態をもとにしたストーリー形式で、コンサルティングノウハウの存在とパワーを示す。

アクト・コンサルティング 取締役 経営コンサルタント 野間 彰

アクト・コンサルティング 取締役 経営コンサルタント 野間 彰

アクト・コンサルティング 取締役
経営コンサルタント

1958年生まれ。大手コンサルティング会社を経て現職。
製造業、情報サービス産業などを中心に、経営戦略、事業戦略、業務革新、研究開発戦略に関わるコンサルティングを行っている。主な著書に、『ダイレクトコミュニケーションで知的生産性を飛躍的に向上させる研究開発革新』(日刊工業新聞社)、『システム提案で勝つための19のポイント』(翔泳社)、『調達革新』(日刊工業新聞社)、『落とし所に落とすプロの力』(リックテレコム)、『団塊世代のノウハウを会社に残す31のステップ』(日刊工業新聞社)、『ATACサイクルで業績を150%伸ばすチーム革命』(ソフトバンク クリエイティブ)などがある。

アクト・コンサルティング
Webサイト: http://www.act-consulting.co.jp

重要なのは、会議参加者の価値ある視点をえぐり出して
革新策を作り上げること

 山口は、岩崎がクライアントの前でしゃべりはじめると、クライアントが前向きに議論を始める理由がわかった気がした。山口が感心している間に、岩崎は山口に向き合ってまっすぐに目を見た。岩崎に限らず、ABCコンサルティングのシニア・コンサルタントは、部下の理解度を確認するために、まずまっすぐに目を見る。思わず目をそらした山口に、岩崎は質問をした。

「このノウハウを、どう使う?」
「ええと、議論を発散させず、効率よくディスカッションするため。また、コンサルタントが、顧客の話を聞かないで唯我独尊になることを防ぐため。顧客の言っていることが単なる思い付きかどうかを吟味し、思い付きなら受け流し、思いつきでない場合は指摘された問題を解決するようにします…。」


 山口は、しどろもどろで答えた。

「0点。」

 岩崎は、あっさりと切って捨てた。

「いいかい。重要なのは、会議参加者の価値ある視点をえぐり出して、革新策を作り上げることだ。革新には問題解決という連続的な思考ではなく『思考のジャンプ』、つまり創造が必要なんだ。そして創造には、触発材料である『視点』がいる。だから、会議やインタビューで、すべての発言に注意を払い、革新の視点を見つけたらすぐに革新策を作り確認するんだ。」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

人材育成・人材獲得 ジャンルのセミナー

人材育成・人材獲得 ジャンルのトピックス

人材育成・人材獲得 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!