開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2010/08/10

内田洋行、マイクロソフトのクラウド型グループウェアを全社2000人で導入

内田洋行は、全従業員約2,000名が利用するグループウェアとして、マイクロソフトの企業向けクラウドサービスである「Microsoft Business Productivity Online Suite(以下、BPOS)」を採用した。

 内田洋行が採用したBPOSは、マイクロソフトのSaaSサービスである「Microsoft Online Services」のうち、Exchange Online(電子メール/共有予定表/連絡先)、SharePointOnline(情報共有/文書管理)、Office Live Meeting(Web会議)、Office Communications Online(インスタントメッセージング/在席情報)を合わせたグループウェアサービス。

 内田洋行では、従来、Lotus Notes/Dominoのグループウェア環境を中心に導入していたが、2009年より社内グループウェアの統合、さらにワークスタイルの変革のためのコミュニケーションインフラの刷新を検討していたという。

 そこで各社の製品やサービスを比較検討した結果、オンプレミス(社内設置型)とクラウドを柔軟に選択できることからグループへの展開や既存システムとの連携が容易であること、短期間でより低コストなITシステムに移行できる点などを評価され、2010年7月、業務システムの中心にBPOSを採用することを決定したという。

 2010年11月に電子メールの利用から開始して、随時その用途を拡大していく予定。

 内田洋行は、 BPOSを自社の社内システムとして利用するだけでなく、マイクロソフトとBPOSの販売に向けた協業を行うことで合意しており、内田洋行では教育・公共分野や、オフィス環境分野を中心に、順次販売を展開していく。

お勧め記事

グループウェア ジャンルのトピックス

グループウェア ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!