開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/03/02

富士通、SaaS型CRMで「鳥インフルエンザ防疫対策支援システム」を構築

宮崎県で続発する高病原性鳥インフルエンザの発生を受け、富士通は2日、昨年の「口蹄疫復興支援システム」に引き続き、「鳥インフルエンザ防疫対策支援システム」を構築したと発表した。

 今回発表した口蹄疫復興支援システムは、宮崎県内の全養鶏農家(100羽以上の所有)情報をデータベース化し、宮崎県が行っている養鶏農家情報などの一元管理や各農場の毎日の死亡鶏情報などを集約するというもの。ネットワークを介してアプリケーションを提供するSaaS型で構築する。

 養鶏関係者などが本システムを活用して、農場ごとの死亡鶏状況日報を県に直接報告することにより、より迅速で正確な情報集約とともに、家畜保健衛生所などにおける異常鶏の早期発見などが行える。

photo
鳥インフルエンザ防疫対策支援システムの概要

 鳥インフルエンザの早期発見・早期通報によるまん延防止に向けて、現在、一部稼働し、段階的な運用を開始しているという。

 本システムは、宮崎県ですでに使用している「口蹄疫復興支援システム」と同じく、富士通のSaaS型CRM「CRMate(シーアールメイト)」を利用して構築された。

 今後は、農場や埋却予定地などの地図情報なども同時に検索できるよう、付加情報の拡充などを行っていく予定だという。

お勧め記事

環境対応 ジャンルのトピックス

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!