開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2011/04/15

ファンケル、滋賀工場に使用電力の約13%をまかなう京セラ製大規模太陽電池システム導入

ファンケルは、製造拠点であるファンケル美健滋賀工場に、京セラの大規模高効率太陽電池システムを導入したことを発表した。

photo
ファンケル美健 滋賀工場
 ファンケルは、ファンケルグループの化粧品製造拠点であるファンケル美健滋賀工場に、滋賀県では最大規模となる371kWの太陽光発電システムを導入し、稼働を開始したことを発表した。

 同システムには、京セラが「平成22年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(技術開発・製品部門)」を受賞した高効率太陽電池モジュール「KS2381P-3CFCA」を国内初採用。年間35万2765kWhの発電量を見込んでおり、発電した電力によりファンケル美健滋賀工場で使用する電力の約13%をまかなう予定となっている。なお、これにより年間約129トンのCO2の排出削減を見込んでいる。

 同社では2008年度より環境事業計画である「ファンケルECOプラン」を策定し、太陽光発電システムの導入や液化天然ガスへの切り替えにより、製造工程において地球環境に配慮した工場施設の実現を目指す方針だ。

photo
太陽光発電システム・液化天然ガスの導入により期待する効果

お勧め記事

省エネ ジャンルのトピックス

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!