開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/11/22

アップル、PC/タブレット出荷数で世界トップへ 2012年半ばにHPを抜く

英調査会社のCanalysは21日、アップルが2012年下半期を前にPC/タブレット端末の出荷台数で米HPを上回って、世界最大のベンダーになるとの予測を発表した。

 Canalysの調査によれば、アップルは既に、iPadの躍進に伴って、PC/タブレット市場で第3四半期はHPに次ぐ第2位となる見込み。「PC/タブレット市場におけるiPadの出荷台数シェアは、わずか4半期で9%から15%に拡大した」((Canalys アナリスト ティムクーリング氏)。

 第4四半期にはHPとトップ争いを繰り広げるが、HPを抜くにはiPadの新製品、「iPad3」の登場を待つ必要があるとしており、2012年前半の同製品登場後、トップが入れ替わるとの見通しを示した。

 Canalysでは、2011年末までにタブレット端末の出荷台数は5900万台に達すると予測するとともに、iPadはタブレットで支配的なポジションを持つ一方で、最近発売されたアマゾンの「Kindle Fire」やバーンズアンドノーブルの「nook」の登場が米国市場に影響を与えるとみている。

お勧め記事

IT市場調査 ジャンルのトピックス

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!