開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/10/12

ソフトバンク、米スプリント・ネクステルを買収検討 9500万契約規模へ

ソフトバンクが、米携帯電話3位のスプリント・ネクステル(Sprint Nextel)を買収する方向で協議に入ったと、NHKや日本経済新聞電子版が11日に報じた。買収が実現すれば、契約数でNTTドコモを上回る規模になる。

 報道によれば、TOB(株式公開買い付け)により、発行済み株式の3分の2超の株式取得を目指すという。10月11日終値時点のスプリント・ネクステル(以下、スプリント)の時価総額は148.5億ドル(約1兆1,500億円)のため、買収総額は1.5兆円超にのぼる。ソフトバンクがスプリントを買収することで、スマートフォン端末や基地局の調達コストを抑える狙いがあるとしている。

 スプリントは米国でベライゾン・ワイヤレス、AT&Tモビリティに続いて、第3位の携帯電話会社。加入者数は約5600万契約(2012年第2四半期末時点)にのぼり、アップルのiPhoneやサムスンのGalaxyなども取り扱っている。ポストペイ型(前払い型)の契約で加入者数を伸ばしているが、競争激化により2011年12月期まで5期連続で赤字となっていた。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのトピックス

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!