開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/01/16

ENEOS、新サービスステーション戦略を発表 スマホ対応機能やTポイント備えたカード

JX日鉱日石エネルギーは15日、現在策定中の第2次中期経営計画(2013年度~2015年度)において、全国で展開するENEOSサービスステーション(以下、SS)戦略として、「Dr.Drive(ドクタードライブ)」のリニューアルを発表した。スマートフォンなどを利用した「ワンタッチ給油」が可能な新POSシステムなどの検討・開発を進めていくという。

photo
新しいロゴマーク
photo
リニューアル後イメージ
 1998年に第1号店を開設した「Dr.Drive」は、国家資格整備士の在籍により、車検から日常の安全点検・洗車までサポートするSSとして、現在全国約2,400カ所で展開している。

 今回、約15年ぶりに、ロゴ、看板、塗装を一新するとともに、サービスルームの快適性向上、洗車、コーティング(DDキーパー)エリアの増設による待ち時間短縮、整備室の見える化による信頼感向上を図る。

 大地震等の災害による停電時においても、緊急車両や被災地域住民など、緊急度の高い対象への継続的な燃料油供給を目的に、2006年より整備・展開してきた「震災時給油可能SS」は今後、大規模地震が想定される地域を中心に、発電機等の能力を向上しながら2015年度までに100カ所程度に設置していく。

関連記事:森永乳業とJX日鉱日石エネルギー 、2つの事例から学ぶ企業における災害復旧対策の在り方

 また、2013年3月に神奈川県、愛知県の2カ所にオープンを予定し、FCVへの圧縮水素充填設備を併設したSS「SS併設型水素ステーション」は2015年度までに、さらなる設置を進めるという。

 「Dr.Drive」への軽板金サービス導入の仕組み作り、Tポイント機能など新たな機能を搭載したクレジットカード(ENEOSカード)、スマートフォンなどを利用した「ワンタッチ給油」が可能な新POSシステムなどの検討・開発を進めていく。詳細は今後、第2次中期経営計画で決定していくという。

お勧め記事

RFID・ICタグ・NFC ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!