開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/03/05

KDDI、15社とモバイルNFC普及へ連携 O2Oや海外展開も

KDDI(au)は4日、MasterCardやVisaなどのクレジット企業、ソニーやパナソニックなどのメーカー、日本郵便やサイバーエージェント、ベネフィット・ワンなどの情報配信、O2O関連サービス企業らと連携し、NFCの本格的な普及に向けた取り組みを開始すると発表した。

 KDDIは、モバイルNFCへの取り組みに賛同した各業界の15社と協力し、モバイルNFCを活用したクレジット決済サービスのほか、NFCタグにNFC対応スマートフォンをタッチするだけで周辺のビル・店舗の情報取得や割引クーポンの獲得などが可能となる各種サービスを、さまざまな生活シーンで提供していく。

 また、韓国SKテレコム傘下のSKプラネットと連携し、日韓両国で利用できクーポンサービスの実証実験を開始する。さらにNFCの普及率が高い海外でもサービスの検討を進めていくという。

 KDDIではこれまで、NFC対応のスマートフォンを11機種発売、NFC対応スマートフォンを活用した空港での搭乗サービスの提供など、モバイルNFCサービスへの取り組みを進めていた。

 今後、NTTドコモやソフトバンクモバイルらも所属する「モバイル非接触ICサービス普及協議会」や、各業界の協力企業との連携を通じて、モバイルNFCサービスの普及に努めていくという。

 NTTドコモは2012年10月に、MasterCardと世界41か国でのNFC決済サービス提供に向けた業務提携を発表している。ほかにも小売世界最大手の米ウォルマートが2012年8月に、小売15社とモバイル決済を手がける新会社を設立している

関連記事:O2Oを加速するNFCの先進事例と新ビジネスの可能性

 NFC端末で読み取るためのNFCタグについては、低価格化が進行しており、TIプランニングの調査によれば、NFCタグの出荷数は、2016年には2012年比で20倍程度に成長するとみられている

 一方で、Paypalのデビット・マーカスCEOは、「NFC技術を利用したモバイル決済が徐々に終焉を迎える」とモバイルNFCに否定的な見方を表明し、業界内に波紋を広げていた。

RFID・ICタグ・NFC ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!