開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/04/24

JAXAにまた不正アクセス、国際宇宙ステーション「きぼう」関連情報が漏えい

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日、インターネットに接続したJAXAのサーバへ外部から不正アクセスがあったことが4月18日に判明したと発表した。

 今回、不正アクセスされた情報は、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の運用準備に使われる参考情報と、「きぼう」運用関係者の複数のメーリングリストという。

 4月18日に当該サーバの通信記録の定期確認を行ったところ、不審なIPアドレスからのアクセス記録が見つかったという。このため、当該サーバをネットワークから切り離し、状況を調査したところ、4月17日深夜に当該サーバへ不正なアクセスがあったことが判明した。現在、原因および影響などについては調査を行っているところという。

 なお、今回アクセスされた情報は、「きぼう」の運用に直接使われるものではなく、運用に支障を来すものではないことが確認されている。

 JAXAでは、2012年11月にも新型ロケット「イプシロンロケット」の仕様や運用に関わる情報が保存されているPCがウイルスに感染し、情報流出の懸念があるとの発表を行ったばかり。再発防止に取り組んでいるところだった。

お勧め記事

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!