開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/07/02

三菱東京UFJ銀行、人材育成の一環として45000人全社員利用可能な電子書籍配信導入

京セラ丸善システムインテグレーション(以下、KMSI)は、三菱東京UFJ銀行がKMSIの企業向け電子書籍配信サービスを導入したことを発表した。

 三菱東京UFJ銀行は、電子書籍により、国内767拠点、45000人のすべての社員が利用できる、自己啓発ならびに研修環境の構築行った。

 学術・研究・教育分野における電子書籍の活用・普及を目指し開発された京セラコミュニケーションシステムの「BookLooper」を使用。メモ・マーカー・全文検索などの学習支援機能をはじめ電子書籍のDRMや決済機能を備えている。また、特定のOSに依存しない電子書籍ビューアにより、タブレット(iPad/Android端末)、スマートフォン(iPhone/Android端末)、PCから閲覧が可能となっている。

 三菱東京UFJ銀行は3月導入時に、約400冊のコンテンツを用意。配信コンテンツは、リベラルアーツの観点から、経済誌のほか、民俗学・宗教学・史学など幅広く用意されたという。現在では、リベラルアーツを目的とした電子書籍のほか、金融事務など、現場教育に役立つコンテンツも用意し、新入社員教育にも利用している。

人材育成・人材獲得 ジャンルのトピックス

人材育成・人材獲得 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!