開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/09/05

サムスン、スマートウォッチ「Galaxy Gear」と新ファブレット「Galaxy Note 3」を発表

韓国サムスン電子は4日、腕時計型のスマートデバイス、「Galaxy Gear」と、5.7型の大型ディスプレイを搭載したスマートフォン「Galaxy Note 3」を正式に発表した。

photo
画像
画像
 Galaxy Note 3は、5.7インチのフルHD有機ELディスプレイを搭載したファブレット(スマートフォンとタブレットの中間的なサイズのデバイスのこと)。専用ペンで操作・書き込みなどが行える。

 前モデルよりもさらに大型になる一方で、168グラム、151.2 x 79.2 x 8.3mmと、軽く、薄くなった。さらに4K UHD動画撮影機能を備えているという。

 Galaxy Gearは、Androidを搭載した腕時計型のスマートウォッチ。ハンズフリーで通話が行えるほか、1.63インチの小型ディスプレイを備えてSMSメッセージなどが確認できる。またベルト部分にカメラとスピーカーを搭載する。駆動時間は28時間、価格は299ドル。6色展開する。

 Galaxy Gearは、あくまでもGalaxy Note 3などのスマートデバイスとBluetoothで接続して併用する機器という位置付け。大きめのファブレット端末を鞄にいれている場合などでも、通知確認や通話をすぐに行えることになる。そのため、Galaxy Note 3と同時発表となった。

 Galaxy Note 3、Galaxy Gearは9月25日に世界149か国で発売される。AT&Tが発売を表明しているほか、ランニングを支援する健康管理アプリ「Runtastic」がGalaxy Gearへの対応を表明している。

 スマートウォッチでは、米クアルコムが4日に参入を表明。アップルも開発を進めていると噂されている。ソニーは6月にGalaxy Gear同様スマートデバイスを補完する機能を持つ製品として新製品を発表している

ウェアラブル ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!