開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/10/15

富士通、食・農クラウド「Akisai」シリーズの「牛歩SaaS」を海外展開へ

富士通は、富士通九州システムズとコムテックが開発した、牛の発情を検知し繁殖効率化につなげるクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウド Akisai 牛歩SaaS(以下、牛歩SaaS)」を、海外向けに販売開始していくと発表した。

 「牛歩SaaS」は、国内4万頭の販売実績をもつ牛歩システムをSaaS化したもので、発情時に歩数の増加が見られる牛の行動特性を利用し、牛に装着した歩数計による検知から畜産農家に種付けを促し、高い授精率で繁殖させることを可能にするシステム。

 本サービスは、2012年より北海道、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の国内の牧場において運用を開始している。また、韓国では実証実験を経て2013年3月より先行して商用化を開始し、現在3牧場にて利用されている。

 2013年度中には欧州・オーストラリアにおいて実証実験を開始し、今後は世界中に「牛歩SaaS」を展開し、3年間で50万頭への導入を目指す。

グローバル化 ジャンルのトピックス

グローバル化 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!