開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/10/28

「ICチップの指紋」PUF技術搭載のNFCタグで非正規品を判定、キヤノンITSと凸版印刷

キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は28日、グローバル展開を進める日本企業向けに、クラウド型の正規品判定システムの販売を開始すると発表した。凸版印刷が提供する、PUF(Physical Unclonable Function)技術を搭載したICタグを活用する。

photo
正規品判定シール
(キヤノン中国での導入例)
画像
構成イメージ
画像
Androidスマートフォンによる正規品判定結果画面
 昨今、正規の輸入品を装った並行輸入品や、同梱品の一部だけが偽物に変えられた偽造品など、非正規品の流通が深刻な問題となっている。今回キヤノンITSが販売するシステムはこうした非正規品への対策ソリューション。製造元が導入することで、製品の購入者自身が、購入前に手軽に正規品判定を行うことがきるようになる。

 仕組みとしては、従来の暗号方式とは異なる「PUF技術」を利用したRFIDが内包された「正規品判定シール」で製品パッケージを封かんする。製品購入者は、NFC機能付きのAndroid端末に専用アプリをインストールして、製品を封かんしている「正規品判定シール」の読み取りを行う。読みとった情報はクラウド上のサーバで照会され、正規品かどうかの判定結果がAndroid端末の画面上に表示されるというもの。

 「正規品判定シール」に採用されている「PUF技術」は、ICチップ一つずつで異なる、製造上で発生する固有の差異を利用している。いわば「ICチップの指紋」を利用しているため、「正規品判定シール」の偽造や複製はほぼ不可能という。

 また、簡単には剥がせないようになっていて、開梱などにより内包されたRFIDが切断されてもデータの読み取りが不可能となり、非正規品と判定される。ホログラムも貼付されているので、目視検査による正規品判定も同時に可能となる。こうした仕組みにより、商品の入れ替え防止と高精度な正規品判定を実現することが可能となるという。

 本システムは、キヤノンITSの中国現地法人である佳能信息系統(上海)有限公司と凸版印刷が共同で開発し、既に佳能(中国)有限公司(以下、キヤノン中国)で実運用が開始されている。2013年9月現在では、一部デジタル一眼レフカメラの製品パッケージに適用されている。

 また、キヤノンITSは同様の課題を抱える日本企業向けに、凸版印刷と連携して本システムの提供を行う。PUF技術を使用したRFIDを内包した封かんシールおよびその正規品判定処理を凸版印刷が提供し、Android上のアプリを含めたシステム全体の開発・販売をキヤノンITSが実施する。

 販売価格は、「正規品判定シール」1枚あたり80円から(システム利用料込)。2013年11月より販売を開始する。今後、CRMと連携したマーケティング機能など、スマートフォンアプリの機能を拡張していき、2017年には50億円の売上を目指す。

RFID・ICタグ・NFC ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!