開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/11/22

ネット小売市場の魅力度、トップは中国、日本は2位に 新興国の躍進も顕著

2013年グローバルインターネット小売市場ランキング

経営コンサルティング会社のA.T. カーニーは、「グローバルインターネット小売市場指数」(A.T. Kearney Global Retail E-Commerce Index)調査を発表し、上位30位をランキングした。


 同調査は、186か国を対象に、各国のインターネット小売市場の魅力度について、4つの次元と9つの変数で評価して0~100ポイントで数値化し、上位30カ国を順位付けしたもの。インターネット小売市場に関するランキングとしては唯一のグローバル調査だ。

 調査対象には、先進国、新興国のどちらも含み、中国がトップで、G8諸国(日本、米国、英国、ドイツ、フランス、カナダ、ロシア、イタリア)はすべて15位以内にランクインした。

 この結果において、新興国の躍進は顕著で、30位中10か国を新興国が占めた。多くの新興国市場では、インターネット小売の成長とリアル店舗小売の組織化が同時に進展しているため、旧来型のインターネット小売成熟曲線を "近道" する形で発展している。インターネット小売はこれまで以上に、小売企業がグローバル拡大をする上での効率的かつ有効な手段として見なされるようになっている。

2013年 A.T. カーニー
グローバルインターネット小売市場ランキング一覧


この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

Web戦略・EC ジャンルのトピックス

Web戦略・EC ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!