開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/12/11

ANA、グループ内音声基盤にNTTコムのクラウド型サービス「Arcstar UCaaS」を採用

NTTコミュニケーションズ(以下、NTTコム)は、全日本空輸(以下、ANA)グループの拠点、空港内オフィス、拠点外から利用する音声基盤を、クラウド型コミュニケーションサービス「Arcstar UCaaS」などを活用して構築することを発表した。

 この音声基盤は、拠点内のIP電話機および拠点外のIP電話やスマートフォンから内外線を利用できるコミュニケーション機能、クラウド上に保管され携帯端末からもセキュアに閲覧できる電話帳機能、MDM機能などを備えるもの。

photo
ANA 新音声基盤イメージ

 導入により、ANAは拠点ごとに保有している宅内交換機(PBX)をクラウドサービスの利用に転換することや、NTT Comが提供中のグローバル拠点間データNWに音声データも載せることでコスト削減が可能だという。

 なおこのサービスは、2014年より順次提供を開始していく予定。
関連記事

ITコスト削減 ジャンルのセミナー

ITコスト削減 ジャンルのトピックス

ITコスト削減 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!