開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/01/17

ソフトバンクテレコム、タブレットを活用したレジサービス「クラウドPOS」開始

ソフトバンクテレコムは17日、飲食業や小売業の店舗向けのクラウド型POS(販売時点情報管理)レジサービス「クラウドPOS」を、本日から提供開始したことを発表した。

 「クラウドPOS」は、専用アプリをインストールしたソフトバンクテレコム提供のタブレットと、クラウドを連携させたPOSレジサービス。従来のPOSレジ専用機器と比較して、安価でPOSシステムの導入できるという。

 同サービスは、スマートフォンに取り付けるカードリーダーと無料アプリを使った支払い受付サービスの「PayPal Here」とも連携し、クレジットカード支払いを受け付ける。消費者はスマートフォンに無料アプリ「PayPal」をダウンロード、ペイパルアカウントを作ることで、「PayPal支払い」が可能だ。

photo
「クラウドPOS」サービス構成イメージ

 初期費用は税抜価格で6万円から。月額費用は最安のメニューで、1店舗あたり4,980円から利用可能。

販売管理・原価管理 ジャンルのトピックス

販売管理・原価管理 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!