• 会員限定
  • 2015/10/27 掲載

スマートフォンとタブレット、中堅・中小企業はどちらを導入すればいいのか

記事をお気に入りリストに登録することができます。
スマートフォンやタブレットといった「スマートデバイス」の導入は大企業や中堅企業だけでなく、中小企業においても引き続き関心を集めている。だが、スマートデバイスにはさまざまな形状やOSが存在しており、そもそも「スマートフォンとタブレットのどちらを選べば良いかわからない」といった声を耳にすることも少なくない。そこで本稿では中小企業が今後スマートデバイスを活用する上での形状/OS選びにおける留意点について考えていくことにする。

ノークリサーチ 岩上由高

ノークリサーチ 岩上由高

ノークリサーチ シニアアナリスト 博士(工学)
早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業などでIT製品及びビジネスの企画/開発/マネジメントに携わる。ノークリサーチでは多方面で培った経験を生かし、リサーチ/コンサル/執筆・講演など幅広い分野を担当。著書は「AdobeAIRの基本と実践」「クラウド大全(共著)」(日経BP刊)など。

photo
携帯性に優れたスマートフォンか、提案にも使えるタブレットか。
それともノートPCとガラケーがよいのか。

「お試しの導入」に終わってしまっては損をする

 まず、現状を把握しておこう。以下のグラフは年商50億円の中小企業における「ノートPC」「スマートフォン」「タブレット」の利用率をプロットしたものである。ここでの「利用率」には企業で購入した端末だけでなく、社員が個人で所有する端末を業務に利用するケース(いわゆる「BYOD」)も含まれる。つまり、何らかの形で「ノートPC」「スマートフォン」「タブレット」のそれぞれを業務で利用している企業の割合を示したデータといえる。

画像
業務システム端末の利用率(年商50億円未満)

関連記事
 「ノートPC」の利用率(84.5%)に比べてまだ低いものの、スマートフォンの利用率は61.2%と過半数を超えている。タブレットの利用率も38.4%と3割を上回っており、中小企業でもスマートデバイスが普及しつつある状況がうかがえる。

 こうした状況を踏まえ、これから「ウチでも新たにスマートデバイスを導入/活用しよう」と考える中小企業の方々も少なくないだろう。そこで問題になるのが、「どんな用途に使うのか?」である。

 まず思いつくのが、外出中にメールをチェックしたり、文書を閲覧/編集したりといった社外業務における活用だ。しかし、「メールをチェックするだけなら、既に支給済みのフィーチャーフォン(従来型の携帯電話)で良いのでは?」「文書を閲覧/編集するならノートPCの方が便利なのでは?」という疑問も生じてくる。とりあえず社外業務に用いるためにスマートデバイスを導入してみるという選択は避けた方が良いのだろうか?

 それを知る手がかりとなるのが以下のグラフである。これは年商50億円未満の中小企業に対して「一年後を想定した場合、PCとスマートデバイスの台数比率がどうなっているか?」を尋ね、スマートデバイスとPCのそれぞれを増やすと回答した企業に理由を尋ねた結果の一部である。

画像
PCとスマートデバイスの比率を選択した理由(複数回答可)
(年商50億円未満)

 「スマートデバイスの比率を増やす」と回答した企業では、その理由として「新しいビジネス形態を模索したいから」の回答割合が45.5%と半数弱に達しており、「社外での業務が行いやすいから」の回答割合(40.9%)を上回っている。

【次ページ】「現場の勘」も重要な判断材料の一つ

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます