開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/01/27

東芝グループ、自社のコミュニケーション基盤に「Microsoft Lync」を採用

KDDIと日本マイクロソフトは27日、東芝および東芝グループが利用するコミュニケーション基盤に「Microsoft Lync」が採用されたことを発表した。

 今回の発表は、電話や電子メール、在席表示、オンライン会議を統一したプラットフォーム「Microsoft Lync」を、KDDIのクラウド基盤サービス「KDDI クラウドプラットフォームサービス」上に構築。運用とセットにしたサービスとして、東芝のスマートコミュニティセンター (神奈川県川崎市) で運用を開始したというもの。

 東芝は、組織・部門間コミュニケーションの活性化によるイノベーションの推進、事業所間の移動による時間・コストの軽減、有事の際の事業継続計画のため、コミュニケーション基盤の刷新に着手。「KDDI クラウドプラットフォームサービス」上に構築することで、ユーザー数の増加や機能拡張に合わせた容量設定が可能になるほか、KDDI電話サービスや各ネットワークサービスとシームレスな接続を実現できるという。

 東芝は今後、コミュニケーション基盤を国内拠点へ順次導入していく考え。

業務効率化 ジャンルのセミナー

業務効率化 ジャンルのトピックス

業務効率化 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!