開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/02/19

BYOD導入・検討は5割超に、法人でのスマートデバイス利用実態調査

スマートデバイス導入済み企業に対して実施した調査によれば、BYDO(私物端末の持ち込みによる業務利用)を導入している企業が21%にのぼり、検討を合わせると5割を超えていることが明らかになった。アイキューブドシステムズが発表した。

 アイキューブドシステムズは19日、同社のMDM(モバイルデイバス管理)製品CLOMOのユーザーに対して、スマートデバイス利用状況を調査し、その内容を公開した。

 調査の対象となったのは、CLOMOのユーザー企業350社(有効回答は161社)、MDM製品を導入しているため、何かしらのスマートデバイスは既に展開済みの企業が調査母体となる。調査を実施したのは2013年11月から12月。メールDMによるWebアンケート形式で実施した。

 調査によれば、スマートデバイス導入の目的(複数回答)は、「外出先でのメール対応(78%)」が最も多く、次いで「営業ツール(55%)」「社内システムへのアクセス(53%)」など、社外業務の効率化への期待が高かった。

photo
(出典:アイキューブドシステムズ調査)


 また、スマートデバイス導入の課題(複数回答)では、「紛失などの危険性(77%)」「情報漏えい等のセキュリティの不安(75%)」が上位を占め、次いで、「管理者側の運用管理に関わる負担(55%)」も多く選ばれた。

photo
(出典:アイキューブドシステムズ調査)


 さらにPCを除き、スマートデバイス(スマートフォン・タブレット端末)のBYOD(私物端末の持ち込みによる業務利用)については、 「既に導入済み(21%)」「導入を予定し、計画を進めている(14%)」「検討を行った結果、導入しないと決定した(19%)」という結果になり、既に約半数の企業がBYODについて導入済あるいは検討済・検討中の状況ということが明らかになった。

画像
(出典:アイキューブドシステムズ調査)


この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのトピックス

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!