開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2014/04/04

マイクロソフト、Windows XPとOffice 2003への最後のセキュリティパッチ

日本マイクロソフトは4日、月例セキュリティ更新プログラム(修正パッチ)を4月9日に公開すると発表した。Windows XPとOffice 2003向けでは最後の修正パッチとなる予定。

 影響を受けるソフトウェアは、Windows、Windows Server、Internet Explorer、Officeなど。修正パッチの深刻度は、4段階でもっとも高い「緊急」が2件、4段階で上から2番目に高い「重要」が2件となっている。

 Windows XPとOffice 2003は4月9日でサポート期間を終了する。そのため、両アプリケーションには最後のセキュリティパッチとなる。

 マイクロソフトでは、Windows XP終了の危険性をたびたび訴えているが、NetMarketShareなどの調査によれば、世界的なWindows XPのシェアは25%超と高い割合を維持している。

関連記事

セキュリティ総論 ジャンルのセミナー

セキュリティ総論 ジャンルのトピックス

セキュリティ総論 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!