開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/07/30

中堅・中小企業のスマホ・タブレット通信キャリア別シェアは? 内容次第で変更、5割

中堅・中小企業のスマートフォンやタブレット(スマートデバイス)活用の実態調査によれば、年商100億円未満のIT企業を除いた企業(=ユーザー企業)の導入済み/導入予定のスマートデバイスにおける通信キャリアは、NTTドコモが51.3%でトップとなり、これにソフトバンクモバイルの36%、au(KDDI)の27%が続いた。ノークリサーチが発表した。

 ノークリサーチは30日、中堅・中小ユーザー企業におけるスマートデバイスの端末OSや通信キャリアの選択に関する調査「2014年版 中堅・中小ユーザー企業におけるスマートデバイス活用の実態と展望レポート」 を発表した。

 本調査は、IT関連サービス業を除く、日本全国の年商100億円未満の民間企業の企業経営もしくはITの導入/選定/運用作業に関わる職責の人を対象に、2014年1月~2月にかけて行われたもの。有効回答件数は300件。

 本調査によれば、導入済み/導入予定のスマートデバイス活用における端末OSは、以下の通りとなった。

photo
導入済み/導入予定のスマートデバイス活用における端末OS(いくつでも)

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのトピックス

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!