開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/11/06

竹中工務店とNTTコム、ビッグデータのリアルタイム解析可能な建物管理システム提供へ

竹中工務店とNTTコミュニケーションズ(以下、NTTコム)は6日、竹中工務店の「ビルコミュニケーションシステム」と、NTTコムのセキュアなクラウド環境とVPNを組み合わせた「次世代建物管理システムプラットフォーム」を11月より順次提供開始すると発表した。

 今回発表された「次世代建物管理システムプラットフォーム」は、竹中工務店とNTTコムとで共同開発したもので、NTTコムのクラウド環境「BizホスティングCloudn VPCタイプ ClosedNW」とVPNネットワーク「Arcstar Universal One」を組み合わせ、クラウド上で実現されるサービス。

photo
次世代建物管理システムプラットフォーム概念図

関連記事
 これまで竹中工務店が提供してきたプラットフォームでは、個別に運用されていた建物内の空調や照明、セキュリティや防災、各種センシングなどの設備システムを、相互にネットワークでつなげ、そこで交わされる情報をクラウドに統合することが可能だった。

 加えて「次世代建物管理システムプラットフォーム」では、基幹部分にオープンソースのM2M通信プロトコル「MQTT」を採用することで、大量の情報を効率的に処理することが可能になり、エネルギー消費量の見える化システムなど、各種アプリケーションへのデータ提供・連携が比較的容易に行えるという。

 また、建物管理システムとしては国内で初めてビッグデータのリアルタイム解析技術が実装された。リアルタイムに処理結果を得るために、オープンソースの「Apache Storm」とNTTコムのストリーム処理技術を活用し、大量に流れてくるビックデータをクラウド上でリアルタイムに処理できるという。

 NTTコムでは今後、リアルタイム解析技術を活用したエネルギーモニタリング、エネルギー使用量予測とデマンドコントロール、建物設備の異常アラート通知といったアプリケーションも提供していく。

統合運用管理・サーバ監視 ジャンルのトピックス

統合運用管理・サーバ監視 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!