開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2014/11/18

トヨタ、燃料電池自動車「MIRAI」を発売 世界初の一般向け販売

トヨタは18日、セダンタイプの新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を開発し、トヨタ店ならびにトヨペット店を通じて、12月15日より発売すると発表した。価格は723万6,000円(税込)、2015年末までに約400台の販売を見込む。燃料電池車の一般向け販売は世界初となる。

photo
世界で初めて一般販売された燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」
photo
 MIRAIは、自社開発の新型トヨタFCスタックや高圧水素タンクなどで構成する燃料電池技術とハイブリッド技術を融合した「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用する。

 内燃機関に比べてエネルギー効率が高く、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を実現するとともに、3分程度の水素の充填で充分な走行距離を得られるなど、ガソリンエンジン車と同等の利便性を備えているという。

 また、一目でMIRAIとわかるデザイン、全車速域モーター走行による優れた加速性能と静粛性や低重心化などにより操縦安定性を高めた走りを実現し、停電や災害などの非常時に使える大容量外部電源供給システム、専用通信サービスなどを搭載している。

 FCVは、水素と酸素を化学反応させて電気を発生させ、水しか出さないことから「究極のエコカー」と呼ばれていた。当初は2015年中から市場投入を目指すとしていたが、前倒しした格好となる。



関連記事

新製品開発 ジャンルのセミナー

新製品開発 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!