開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2015/01/15

Windows Server 2003サポート終了、約半数が継続利用予定--トレンドマイクロ調査

Windows Server 2003のサポート終了日(2015年7月15日)まで、あと半年となった。トレンドマイクロの調査によれば、Windows Server 2003を使用していると回答したIT管理者のうち、約半数は2015年7月のサポート終了後もWindows Server 2003を利用し続ける意向であるという。

 トレンドマイクロは、2014年12月5日から2014年12月8日にかけて、企業のサーバ運用に関わるIT管理者515名を対象にインターネット上で「企業におけるWindows Server 2003利用実態調査」を実施し、その内容を発表した。

 本調査の結果では、Windows Server 2003を使用していると回答した115名のIT管理者のうち、約半数が2015年7月のサポート終了後もWindows Server 2003を利用し続ける意向だった。

photo
現在、業務で利用しているWindows Server 2003の移行完了の予定時期はいつか?

 また、「2015年7月のサポート終了後もWindows Server 2003を使い続ける予定」と回答した57名を対象に、サポート終了後に使い続けるサーバの利用用途をたずねたところ、アプリケーションサーバ(54.4%)、データベースサーバ(50.9%)、ファイルサーバ(43.9%)、Webサーバ(38.6%)となった(複数回答)。

 さらに同対象に、サポート終了後のセキュリティ対策についてたずねたところ、脆弱性対策機能を備えた総合セキュリティ対策を実施すると回答した管理者は15.8%、アクセス制限や利用用途を制限するなどのリスク低減策を講じると回答したIT管理者は12.3%だった(単一回答)。

 IDC Japanが10月に実施した調査によれば、国内のWindows Server 2003のサポート終了対策として、Windows Server 2012を搭載したサーバを購入するが4割を占めている。同調査では、「Windows Server 2003をそのまま使い続ける」という回答は、ファイルサーバ用途で18.6%、ファイルサーバ以外の用途でも16.3%となっていた。

関連記事

サーバ ジャンルのセミナー

サーバ ジャンルのトピックス

サーバ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!