開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/06/30

すぐ使える!Windows Server 2003をそのまま使い続けるリスクの評価

【連載】Windows Server 2003サポート終了対策(3)

Windows Server 2003のサポート終了に伴い、さまざまな選択肢があることを紹介した。それぞれの選択にはそれぞれコストとリスクが伴う。そこで前回はリスク評価方法を解説したわけだが、いよいよ各選択肢について、具体的なリスク評価をしていこう。今回は、Windows Server 2003サポート終了に対して「何も対策をしない」場合のリスク評価だ。「まだ動いて困っていないシステム」対し、費用をかけてリプレースをするのは一見オーバーコストのように感じる。ところが、丁寧にリスク分析をすると、事業継続がままならないほどのリスクを抱えてる事実が見えてくる。経営層に理解してもらう説得材料などに活用していただきたい。

村嶋 修一

村嶋 修一

1962年山口県生まれ。1995年頃から雑誌記事を書くチャンスに恵まれ、1997年に書籍デビュー。実務視線の「実践」を軸にした書籍雑誌ライティングとサラリーマンの二足のわらじを履く。2006年に「Microsoft MVP for Windows Server -Networking」を受賞し、2013年に「Microsoft MVP for Virtual Machine」でMVP Award連続受賞。Windows 2.1から業務としてWindowsコンピューティングと関わり現在に至る。著書に『Windows Server 2008 実践ガイド』(技術評論社)、『ベテランが丁寧に教えてくれる ネットワークの知識と実務』(翔泳社)などがある。

※今回用いられるデータはExcelファイルでこちらからダウンロードできる。あらかじめデータをダウンロードしたうえでご覧になることをおすすめする。


想定する環境

 さて、サポート終了に伴う措置のリスク評価のイメージをしやすいように、具体的な環境を想定しよう。

 今回のリスク評価対象は、2007年にSIer主導でサーバ構築とLAN整備をした環境だ。サーバは、すべてWindows Server 2003で、故障らしい故障をしていないので、リース延長をして現在もそのまま使っているという設定だ。

ドメインコントローラー 3台
ファイルサーバ
経理システム
 -パッケージ
 -DBサーバ 1台
独自システム
 -売上、請求、顧客、在庫管理システム
 -DBサーバ 1台
 -APサーバ 3台

 今までデスクトップPCはWidnows XPをメインで使っていたので、Windows XPのサポート終了対応ですべてのクライアントPCをWindows XPから、Windows 8.1へのリプレースをした。互換性問題で、独自開発したシステムがWindows8.1で正常に動作しなかったので、やむを得ずWindows 8.1対応のため改修をしたが、これが予算オーバーとなってしまった。

 Widnows XPからWindows 8.1への移行を依頼したSIerからは、サーバ環境の移行も提案されたが、Windows XP移行費用が予算以上にかかったてしまったのでサーバ環境の移行は断った。

 今回の想定環境では、長期間稼働しているサーバがどのようなリスクにさらされているかを中心に、リスク分析をしていこう。

リスクを分析する-インシデントの洗い出し

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

セキュリティ戦略 ジャンルのセミナー

セキュリティ戦略 ジャンルのトピックス

セキュリティ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!