開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/02/26

中国カレーハウスCoCo壱番屋、全店舗に店舗・本部営業支援システム「TastyQube」導入

ハウス食品グループ本社が2004年より壱番屋との合弁によって、中国において展開するカレーレストラン「カレーハウスCoCo壱番屋」の全店舗において、クオリカの店舗・本部営業支援システム「TastyQube」を導入した。

 ハウス食品グループ本社は、2004年より壱番屋との合弁により、中国においてカレーレストラン「カレーハウスCoCo壱番屋」の展開を開始し、現在44店舗(2014年12月末時点)を展開している。

 2013年から今後の出店スピードの加速を考慮し、POSシステムの入替を検討していたという。また店舗数拡大にあたり、100店舗以上になっても的確な情報把握が可能な店舗管理システムが必要となっていた。

 クオリカの「TastyQube」は、外食産業・飲食店に特化した店舗・本部営業支援システムで、飲食店システムで必要な売上・食材・勤怠という基礎データを利用し、自動発注また食材原価管理から原価削減や、人件費管理から人件費削減を実現する。

 クオリカでは、同社が抱える課題に対し、バックオフィス業務の自動化や見える化を実現し、経営体質の強化を支援する「TastyQube」を提案、POSシステムの安定性や費用も低コストで導入できる点などが評価され、「TastyQube」の導入が決定したという。

関連記事

その他基幹系 ジャンルのトピックス

その他基幹系 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!