開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/02/27

IBMとジュニパーネットワークスがIoTで提携、予測分析活用のネットワーク構築

IBMとジュニパーネットワークスは24日(現地時間)、ネットワークの動作に対してリアルタイムの洞察を提供する計画を発表した。増加する「モノのインターネット」(IoT:Internet of Things)アプリケーションへの需要に対応し、ビッグデータから得られる新たな機会を発見できるよう支援する。

 IBMとジュニパーネットワークスらは協力して、次世代の高性能ネットワーク・アナリティクスの設計と提供を実現するという。通信サービス・プロバイダーや企業がアプリケーションのユーザー・エクスペリエンスを向上させるとともに、俊敏性と効率性を向上し、展開時間とコストを削減できるようにする。

 具体的には、Juniper Networks MXルーターのサービス・コントロール・ゲートウェイ(SCG)が、IBM Now Factoryのアナリティクスと統合される予定。

 これにより、ネットワーク運用の最適化が可能となるほか、デバイスの機能や場所を考慮しながら、ネットワークと実行されるアプリケーションの使用者に基づいてサービス・エクスペリエンスをカスタマイズすることも可能になるという。

 IBM Analytics シニア・バイス・プレジデントであるボブ・ピッチャーノ氏は、「予測アナリティクスをデータ処理ストリームに直接統合し、さらにそれを通信サービス・プロバイダーのネットワークに組み込むことで、ネットワークの信頼性を確保できるようになり、顧客エンゲージメントが高まるでしょう。ジュニパーネットワークスのクラウド・ベース・アナリティクスへの重点的取り組みは、アナリティクス機能を利用して組織がチャンスに気付き、予測し、対応できるようにするというIBMの戦略を補完するものです。」 とコメントしている。

 今回の新たなイニシアチブでは、IBM Now Factory、InfoSphere BigInsights for Hadoop、InfoSphere Streams、Cognos、PureData for Analytics、Watson Analytics、SPSSの各機能が利用される。IBMのアナリティクス機能は、ジュニパーネットワークスのキャリア・グレードのルーター、スイッチ、ファイアウォール、SDNソリューションの不可欠なコンポーネントとして、ジュニパーネットワークスによってマーケティングされる予定。また、IBMのQRadarでは、引き続きジュニパー・クライアント向けの統合セキュリティー・インテリジェンスおよび脆弱性管理システムを提供する。

関連記事

M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!