開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/03/17

ヤマト運輸とフリマアプリ「メルカリ」が提携 システム連携で出品から配送まで効率化

フリマアプリのメルカリとヤマト運輸は17日、スマートフォン向けフリマアプリと宅配事業者をシステム連携させ、出品から配送までの作業を効率化するサービスを4月1日より提供開始すると発表した。

 メルカリは2013年にサービス提供開始されたフリマアプリ(オンライン上でフリーマーケットのように、主に個人間売買を行えるスマートフォン用のアプリ)で、2015年3月には1100万ダウンロードを突破し、1日の出品数は数十万点にものぼる。

 これまでフリマアプリの出品者は、商品発送における資材購入や集荷依頼、伝票記入といった作業を各自アナログで行っていた。今回、メルカリとヤマト運輸はそれぞれのシステムを連携させ、4月1日より、出品者に対して出品から配送までの作業を効率化させるサービスを提供する。

photo
サービス開始時の取引フロー概念図

 購入成立後、メルカリからQRコードをメルカリのアプリ上で出品者に発行。出品者はヤマト運輸直営店に配送商品を持ちこみ、店頭端末「ネコピット」でQRコードを読み取らせると、送り状を印字できる。商品が購入者に届き、出品者と購入者が相互評価を行った後、販売金から販売手数料と送料が差し引かれ、出品者のアカウントに入金されるという仕組みだ。

 配送料金は全国同一の料金設定になる。また、メルカリが料金の一部を負担するため、通常の「宅急便」「宅急便コンパクト」「ネコポス」の料金と比べて、ほぼ全てのケースにおいて安価に利用できるという。

 メルカリとヤマト運輸では、順次発送窓口を拡大し、コンビニエンスストアなどでの送り状発行と発送の受付、またヤマト運輸セールスドライバーによる集荷に対応していく。また、住所などの個人情報を開示する必要なく、フリマアプリ「メルカリ」での配送手配だけで荷物が送れる匿名配送サービスも提供を予定しているという。

流通・小売業IT ジャンルのトピックス

流通・小売業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!