• 会員限定
  • 2015/12/22 掲載

ユニリーバ・ジャパン CEOが語る、マーケティングに「魔法」をもたらす4つのパワー

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
世界約190か国に進出し、売上高500億ドルにのぼる巨大消費財メーカー、ユニリーバ。同社は毎日、約20億人と接触しているが、その57%の事業は今や新興市場におけるビジネスとなった。そのユニリーバが2010年から取り組んでいるマーケティング戦略が、「Crafting Brands for Life」だ。

ユニリーバのブランド戦略

photo
ユニリーバ・ジャパン
プレジデント&CEO
フルヴィオ・グアルネリ氏
 ユニリーバは2009年、ポール・ポールマンCEOの就任に合わせて、新たなビジョンを打ち出した。それが「環境負荷を減らし、社会に貢献しながら、ビジネスを2倍にする」というものだった。

 「ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン2015」に登壇したユニリーバ・ジャパン プレジデント&CEOのフルヴィオ・グアルネリ氏は「我々のミッションは、“持続可能な暮らしを当たり前のものにする”ことでもある(Unilever Sustainable Living Plan)。ユニリーバとして努力し、世界をよりよい生活のできる場にしたい」と説明する。

 そして2010年、ポールマンCEO主導で、同社が掲げた新たなマーケティング戦略が「Crafting Brands for Life」だ。グアルネリ氏は「かつてのマスマーケティングから、もっと多様で差別化されたマーケティングを実現するためのもの」と語る。

 さらにグアルネリ氏は「新興市場のニーズをうまく捉えていきたい。新興市場こそ、ユニリーバの事業の中心であり、既に57%の事業が新興市場におけるビジネスとなっている」と説明する。

 「Crafting Brands for Life」の中でユニリーバは3つのテーマを設定している。1つめが、マーケットの中心に「人」を据えること、2つめが、愛されるブランドを構築すること、そして3つめが、マーケティングに「魔法」を取り入れていくことだ。

【次ページ】マーケティングに「魔法」をもたらす4つのパワー

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます