ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

関連ジャンル

OS クラウド

会員限定

2016年07月15日

Windows 10は「月額7ドル」に 「Windows as a Service」実現へ

マイクロソフトは、1ユーザーあたり月額7ドルでWindows 10を提供する企業向けのサブスクリプション制度「Windows 10 Enterprise E3」を発表しました。

執筆:Publickey 新野淳一

 マイクロソフトはカナダのトロントで開催したパートナー向けイベント「WPC 2016」で、Windows 10を1ユーザーあたり月額7ドルで提供する企業向けのサブスクリプション制度「Windows 10 Enterprise E3」を新設すると発表しました

photo


 顧客はこれによってWindows 10をよりセキュアな状態で利用でき、またWindows 10を利用するデバイス数を社内で数えるなどの面倒なライセンス管理が不要となる、といったメリットを受けられると説明されています。

 また、マイクロソフトのクラウドソリューションパートナー(CSP)は、Windows 10 Enterprise E3をマネージドサービスの一環として付加価値を付けて提供することができます。

Officeに続きWindowsもパッケージからサービスビジネスへ

OS ジャンルのトピックス

一覧へ

OS ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング