開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/08/10

医療分野におけるVR活用事例:外科医トレーニング、3D画像診断、高齢者治療

ゲームやエンターテイメント、製造業などに用途が拡大しつつあるVR(Virtual Reality:仮想現実)。この技術を医療分野に応用する企業が出てきた。「Osso VR」による優れた手術のトレーニングや、「Bioflight VR」による3D画像での正確な診断、「Aloha VR」による苦痛を緩和する新しい方法といった、医療におけるVR活用の事例を紹介しよう。


photo
VRを利用し、未来の医療を変革する3つの企業をNVIDIAブログが紹介

より安全な環境で外科医のトレーニングを実現

画像
Osso VRのシミュレーションでは、バーチャル手術室で手術を行う
 ボストンに拠点を置く「Osso VR」の創設者、ジャスティン・バラッド(Justin Barad)氏は整形外科医でもある人物だ。同氏によれば、Osso VRを使うことによって外科医は複雑な移植処置を経験することなく、トレーニング・プログラムを終えるという。

 医療処置が複雑になればなるほど、外科医を十分にトレーニングすることは難しい。Osso VRはこの課題を解決する手段として、低コストのVRシミュレーションを利用し、新しいデバイスやなじみのないデバイスを使用する方法を外科医に提供する。このシミュレーションでは、NVIDIA GPUと手の動きに基づく高度なインタラクションを利用し、できるかぎり実際に近いシナリオを作成する。

 例えば手術用トレイが表示され、ユーザは、個々のツールを検査して処置の準備をすることができる。ほかにも、チタン・ロッドを仮想の脛骨に打ち込むなど、バーチャル手術室での処置実行ができるそうだ。



 Osso VRにより、外科医は、患者を危険にさらすことなく、安全な環境で各種ツールに精通して、新しいスキルを学び、外科的処置を体験できるようになるかもしれない。

【次ページ】CTスキャン画像やMRIデータを3Dで確認、正確な診断をサポート

医療IT ジャンルのトピックス

医療IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!