• 会員限定
  • 2016/09/30 掲載

mobeon CEOが語る日本がライブVRストリーミング参入に有利なワケ

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
さまざまな分野で注目され、ビジネスへの展開も期待されているVR技術。ロサンゼルスに拠点を置くVR技術コンサルティング企業Mobeon LLCのCEO マーク・アラマレズ氏は、米国におけるVRの最新トレンドと、ライブ・イベント分野でのライブVRストリーミングの可能性について解説し、VRにおいて日本は有利だと論じた。はたして、その理由とは。
photo
日本のVRはこれからどうなる


VRの活用が広まる5つの領域

photo
mobeon LLC CEO
マーク・アラマレズ氏
 1990年代からVRに関わってきたMobeonのCEO マーク・アラマレズ氏は「VRは新しいリアリティを体感する技術であり、いま米国でも利用シーンが広がっている」と語る。

 まずVRの活用シーンの筆頭に挙げられるのがカンファレンス分野だろう。「遠隔地にいる人とミーティングをする際に、アバターで他人と仮想的に会って、コミュニケーションが図れる。これは今後の利用法として期待されているものだ」(アラマレズ氏)

 VRは製造業でも活用されている。たとえば、製品の試作段階で、設計に不備がないかを調べ、設計に改善を加えられる。また、営業・マーケティン グ分野での商品デモにも利用できる。VRショールームで高級車に乗り、自分が座席で運転し、乗り心地や操作性の調査をすることも可能だ。

「あたかも自分がその場所にいるような臨場感によって、通常では経験できないことまで実現できる点が、VRの最大の特徴の1つだろう」(アラマレズ氏)

 臨場感という点では、VRはスポーツ分野でも威力を発揮する。フィールドに立っているような環境を提供し、ゴルフやバッティングのスキル向上にも寄与する。観光分野でもVRツアーを実施し、自分がVRを通して現地にトランスポートして、パノラマで風景を見ることができる。

「360度パノラマビューは、臨場感に加えて、もう1つのVRの特徴になる。複数のカメラで視点も選べる。自分が建築物に入って、間取りを見たり、家具を動かしたり、ディテールを調べられる。最近では本物と見紛うCG映像も実現している」(アラマレズ氏)

 医療分野では、VRをより良い診断に役立て、リアルタイムで手術を支援できる。またVRは、リハビリやセラピーにも応用できる。たとえば人前で話すことが苦手な人も、VRで訓練をすれば緊張せずに話せるようになるだろう。

「さらにECでもVRは有効だ。将来的に『VC(Virtual Commerce)』と呼ばれる分野が登場する。たとえばVRショップに靴を買いに行き、カスタマイズされた商品をオーダーできる時代が来るだろう」(アラマレズ氏)。

 このようなシーンを実現するVR機器のコストも下がってきた。現在では米国でも200ドル以下の製品が登場し、いよいよ一般消費者に手が届く範囲に入ってきた。

Netflix、Oculus、ソニー、Googleの野心

 VRの導入が進んできたものの、まだビジネスとしては発展途上の段階で、マネタイズに興味が湧く。

 2016年における米国のレンタルDVDのストリーミング市場は66億ドルほど。そのうち53%がNetflixが独占しているという。同社はコンテンツを月額で楽しめる「SVOD(Subscription Video On Demand)」で利益を得ている。アラマレズ氏は「Netflixはプラットフォーム上でオリジナルコンテンツも配信しているが、将来的にVRコンテンツも販売するようになるだろう」と予測する。

 そのほかの主なレベニューモデルには、トランザクションごとに課金される「TVOD(Transactional Video On Demand)」や、番組に広告を流して収益を上げる「AVOD(AD Supported Video On Demand)」、ブランドに関する独自コンテンツの資金を企業が出す「Branded Content」などがある。Branded Contentはコンテンツに自社製品を登場させたり、エンドロールにロゴを登場させて、ブランド化を図るものだ。

 VRコンテンツは、VR Store Platformsから入手が可能だ。たとえば現在「Oculus Store」や「Valve's Stream Platform」などがある。今後登場するPlatformとしては「PSVR Store」「Google Play Daydream」がある。また、ブラウザにビデオプレイヤーを組み込んで提供する方法も可能だ。この場合は視聴する際に、クレジットカードの支払い画面が現れて決済が行える。

「将来的に、VRはソーシャルと統合されるだろう。重要な点はグループでのVR体験だ。2Dライブストリームや、ビデオンデマンド、360度ビデオを通じてシェアできる。ソーシャルVRを確実に利用するために、われわれもfacebookも投資しているところだ」(アラマレズ氏)

 高性能なエンジンにより、リアルタイムグラフィックスとデータ分析も可能になる。

「スポーツ選手の統計を見たり、企業統計もネットから引っ張ってリアルタイムで閲覧できる。また『Volumetic VR』も広がりそうだ。これは、カメラで人を360度映像で撮影し、オブジェクト化するものだ。VRスペースでオブジェクトが統合される」(アラマレズ氏)

 これからは、従来のメディアと異なる考え方やアプローチをしなければならないだろう。VR制作・配信ツールが増えているため、ユーザー側にも力が与えられる。個人でも多くのフォロワーや閲覧者が得られ、新しいビジネスモデルを創出できるようになるはずだ。

【次ページ】日本がライブVRストリーミングに有利な理由

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます