開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/12/03

2013年のIT予測トップ10、BYOIDの増加、業種特化型PaaS、事業部門トップの役割増

IDC Japanは3日、2013年の世界IT市場を特色付ける技術や市場トレンド、ベンダーの動きなど、主要10項目(IDC Top 10 Predictions)を発表した。2013年の最も重要な事象は、2012年と同様に、IDCが「第3のITプラットフォーム」と呼ぶ「モビリティ」「クラウド」「ソーシャル技術」「ビッグデータ」の4つのITの成長とイノベーションが構築される土俵で起きるという。

 IDC Japanは3日、2013年の世界IT市場を特色付ける技術や市場トレンド、ベンダーの動きなど主要10項目を発表した。結果は以下の通り。

  1. 世界のIT支出は、第3のプラットフォームと新興国市場がけん引。前年比5.7%増、2.1兆ドル超に
  2. 新興国のIT支出は、前年比8.8%増、7,300億ドル
  3. スマートフォンとタブレットを合わせたIT支出額は、世界IT支出増加分の57%を占める
  4. ミニタブレットが市場の急成長を主導、タブレット出荷台数の60%を占める
  5. モバイルソフトウェアにとっては勝敗を決する年に
  6. SaaS技術の買収合戦が過熱
  7. 業種特化型PaaS(Industry as a Service)が台頭
  8. 事業部門トップ(LOB Executives)の役割が増加
  9. 第3のITプラットフォームデータセンターによる市場破壊
  10. ビッグデータへの投資はさらに拡大

 2013年の最も重要な事象は、2012年と同様に、IDCが「第3のITプラットフォーム」と呼ぶ「モビリティ」「クラウド」「ソーシャル技術」「ビッグデータ」の4つのITの成長とイノベーションが構築される土俵で起こるという。

 これらは、2013年にはより喫緊の課題となり、より大きなうねりとなって、市場参入のフェーズから、食うか食われるかの競争のフェーズに移行するとIDCは指摘している。第3のITプラットフォーム上のビジネスにおいて、頭角を現せるか、あるいは何もできないかは、IT業界のみならず、ITを活用する産業自身の競争力にも影響を与えることになる、としている。

 以下、IDC Top 10 Predictionsの各項目ごとに見ていこう。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのセミナー

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのトピックス

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!