ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年04月04日

インテルが「3D XPoint」採用SSDを製品化、1000倍高速でメモリの拡張としても利用可能

米インテルは、マイクロンと共同開発した新しい不揮発性メモリ「3D XPoint」を採用したサーバ向けSSD「Optane SSD DC P4800X Series」を発表しました(動画などを見るかぎりOptaneはオプテインと発音するようです)。

執筆:Publickey 新野淳一

photo


 従来のSSDには不揮発性メモリとしてNAND型フラッシュメモリが使われていることが一般的でした。今回のOptane SSD DC P4800X Seriesに採用された3D XPointは、アクセス速度においてNAND型フラッシュメモリよりも最大で1000倍高速で、しかも耐久性も最大1000倍あると発表されています

 そのため3D XPointは「ストレージクラスメモリ」と呼ばれる、メインメモリでありながらストレージのように大容量かつ不揮発であるという新しいメモリ用途に使われることが期待されています。

 ストレージクラスメモリが実用化されると、メインメモリがストレージのように大容量になるため処理速度の向上が期待され、さらにマシンが電源喪失してもメモリの内容が失われなくなることからストレージへのデータ保存処理が不要になります。これによって、ログへの書き込みなどが不要になりデータベースなどの処理が画期的に高速化することなどが考えられます。

 そして3D Xpointを採用したOptane SSD DC P4800X Seriesは、このストレージクラスメモリそのものではないものの、それを指向した機能を備えています。従来のSSDと同様に高速なSSDとして利用できるだけでなく、メインメモリの拡張としても使えるのです。

Optaneテクノロジーとは3D XPoint+コントローラやソフトウェア技術など

ストレージ ジャンルのトピックス

一覧へ

ストレージ ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

新野淳一 インテル

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング