ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年10月20日

保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)は何が問題なのか、専門家が時系列にまとめて解説

笑いとは何か。差別とは何か。そんな問いを突きつけられる騒動が起こった。9月にフジテレビが放送したバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」の30周年記念特番で、80〜90年代に流行ったキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」を復活させたのだ。放送後、「ゲイに対する差別だ」という抗議があり、翌日、フジテレビの宮内正喜社長は定例記者会見にて公式な謝罪を発表した。さらに、今月16日、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の公式ホームページにお詫びが掲載された。なぜ以前は問題にならなかったキャラクターが、今問題になったのか。この問題を時系列で整理し、解説する。

執筆:LGBTコンサルタント 増原 裕子

photo

「子どものころ見ていた」という人も多い「保毛尾田保毛男」。論点はどこにあるのか。


抗議したのは誰だったのか?

 保毛尾田保毛男に対する抗議文は、番組放送の翌日昼頃に提出された。非常にスピーディな対応だ。この時点で当該文書には100以上の団体・個人が賛同に名を連ねている。抗議文提出日の夜時点では、その数は250以上に伸びている。

賛同団体・個人の例(順不同・敬称略)
・EY Japan
・川邊健太郎(Yahoo!副社⻑)
・岩瀬⼤輔(ライフネット⽣命保険 代表取締役社⻑)
・楠正憲(国際⼤学 Glocom 客員研究員)
・⾦澤⼤輔(オプト 代表取締役社⻑ CEO)
・駒崎弘樹(認定 NPO 法⼈フローレンス代表理事・新公益連盟 代表)
・秋好陽介(ランサーズ 代表取締役)
・⾼島宗⼀郎(福岡市⻑)
・太⽥雄貴(日本フェンシング協会 会⻑)
・為末大
・高橋祥子(ジーンクエスト)
・久志尚太郎(TABI LABO 代表取締役)
・南壮⼀郎(ビズリーチ 代表取締役)
・鈴⽊英敬(三重県知事)
・安部敏樹(⼀般社団法⼈リディラバ代表理事)
・辻庸介(マネーフォワード代表取締役社⻑ CEO)

photo
(クリックで拡大)

「とんねるずのみなさんのおかげでした」の内容に関する抗議文書

 賛同者の中には、アライ(LGBTの理解者・支援者)も多く見られた。上に抜き出したように、経済界、政界、学術界、スポーツ界など、業界を超えて影響力を持つ人たちが、2017年においてこういう表現にはNGを出そう、と声を上げて連帯したのだ。

 保毛尾田保毛男は、テレビにおけるゲイ差別の象徴的な存在だからこそ、多くの人たちが時計の針を戻してはいけない、という意識を共有し、反応した。注目したいのは、LGBTの当事者だけではなく、アライも差別的な表現に違和感を表明し、抗議に賛同したということだ。

「保毛尾田保毛男」問題を時系列で整理

 ここで、今回の経緯を時系列で追ってみよう。

9月28日:「とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP」放送を前にして、認定NPOフローレンス代表理事/全国小規模保育協議会理事長の駒崎弘樹氏が抗議の声を上げる。  21:00-23:18にかけて、「とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP」が放送される。

 番組放送中、MEIJI ALLY WEEK 代表 松岡宗嗣氏も批判ツイートを投稿。
9月29日:LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなどの性的マイノリティの総称)の当事者と支援者が、フジテレビと番組スポンサー各社宛に抗議文を提出。

 フジ宮内社長が「不快な面をお持ちになった方がいたことは大変遺憾なこと。謝罪をしないといけない」と定例記者会見でコメントした。

 NPO法人東京レインボープライド共同代表理事 杉山文野氏がこの問題に関しツイート。
9月30日:フジテレビの社屋をレインボーカラー照らす企画を行った番組『ホウドウキョク』に出演しているフジテレビ報道局社員の阿部知代氏がツイッターで抗議者を擁護。
10月1日:杉山氏がこの問題に関しハフィントンポストに寄稿。
10月2日:ウーマンラッシュアワー村本大輔氏が杉山氏の記事に対し「お前だけが被害者面すんな、おれも学歴や職業や考えで差別されてると思うことは沢山ある。でも生きる。 」とツイート、物議を醸す。  また、フジテレビと抗議文を提出したメンバーの代表者による意見交換会が開かれる。番組制作過程のチェック体制や、抗議の状況、今後の再発防止に向けた取り組みなどについて建設的な話し合いを行う。
10月9日:杉山氏が村本氏に反論。  駒崎氏が、村本氏に反論するツイートをする。
10月10日:  村本氏が駒崎氏に反論するツイートを投稿。
 駒崎氏が村本氏を批判する記事をYahooに投稿。
10月11日:駒崎氏がYahooで発表した記事に反応する形で、乙武洋匡氏も意見を発表。村本氏の真意を考察した。

 NHKの番組「ハートネットTV」内において、お笑い芸人の千原ジュニア氏を司会に「B面談義 LIVE」が放送される。今回の保毛尾田保毛男問題を下敷きに、「“マイノリティ”と笑い」について、をテーマに議論が交わされた。その他出演者はタレントのモト冬樹氏、女装ライターのブルボンヌ氏、「全盲」の弁護士 大胡田誠氏、弁護士の南和行氏、NPO法人理事長で「呼吸器ユーザー」の海老原宏美氏、タレントの秘密のオト女、アナウンサーの中野淳氏。
10月16日:番組公式HPにお詫びを掲載。

photo
(クリックで拡大)

「とんねるずのみなさんのおかげでした」の公式ホームページにお詫びが掲載された。掲載は16日から1週間の予定だという。



 アベマプライムにて、杉山氏と村本氏の討論が開催される。
 最終的に杉山氏と村本氏は和解したようだ。

【次ページ】「保毛尾田保毛男」騒動の位置づけ

お勧め記事

コンテンツ・エンタメ・文化芸能・スポ... ジャンルのトピックス

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング