• 会員限定
  • 2018/10/18 掲載

ITリーダー必読、日本で「決定的にIT人材が不足する」5つの真実

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
IT人材の不足がいわれて久しい。ビジネスのデジタルトランスフォーメーション(DX)が進む中、事態はさらに深刻になっている。この状況を打開するためにITリーダーが考えるべき選択肢と2018年に踏み出すべき一歩とは何なのか。それに対してガートナー リサーチのバイス プレジデント 兼 最上級アナリスト、足立 祐子氏は「バイモーダルなIT組織の構築と人材育成を軸に据えるべきだ」と説く。その理由とは。


日本の技術者が「オフショア化」している

photo
ガートナー リサーチのバイス プレジデント 兼 最上級アナリスト、足立 祐子氏
 デジタルビジネスに舵を切らなければならないにもかかわらず、多くの企業は「人材がいない」という問題に直面している。

 もともと日本のIT技術者の数はそれほど多いわけではないが、この課題は日本に限った話ではない。世界中が同じ課題を抱えている。世界レベルで人材の獲得競争が起きている中で、日本は特に劣勢に立たされているのだ。

 その結果として、日本の技術者のオフショア化が進んでいる。「オフショア化」というと、かつてのベトナムや中国などの技術者を使うことをイメージするかもしれない。

 「米国、イスラエル、ドイツなどに比べると、日本の技術者は技術力があって生産性が高い割に、単価が安い。そのため、デジタルにおけるオフショアのロケーションとして見ることができる」と足立氏はいう。

 つまり日本人技術者がもともと少ないにもかかわらず、日本にいる技術者に、日本企業の仕事をしてもらえない状況が生まれているのだ。

ITリーダーが押さえておくべき、IT人材に関する5つの真実

 この「人材がいない」という状況を正しく把握するために、足立氏は5つの項目を検証してみせた。

(1)「人材が枯渇している、もっと技術者を育てなければならない」

 日本では総務省が、2025年までに100万人のIT人材を新たに育成する方針を打ち出している。

 「ただし、人材は不足しているが、ただ育成すればよいかというと少し違う。現状としてIT人材が『偏在』していることが問題だ」と足立氏は指摘する。

 ガートナーの調査によると、ユーザー企業にいるIT技術者とIT企業にいるIT人材の数を比べた場合、圧倒的にIT企業のほうへ人材が偏っている。
画像
人材不足感の正体は「偏在」
 また、IT企業のIT人材を年齢層を見てみると、2006年には20代・30代が中心だったのが、2016年のデータでは40・50代の比率が上がっている。

 さらに地域で見ると、IT技術者は東京・千葉・神奈川などの首都圏に集中しており、その他の地方ではIT人材が採れなくなっているというのが現状だ。

 「総数はそこそこいるが、偏在しているためにうまく稼働していない人、能力を持っているのに発揮できていない人がいる。新たに増やしていくことも必要だが、この人たちをどう稼働させていくかも考えなければいけない」と足立氏は話す。

(2)「これからはデジタルの時代だ。既存IT人材は不要になる」

 ガートナーの展望では、2023年までの5年間、企業のレガシーシステムの90%が使い続けられると予想している。つまり、新しい人材の育成も必要だが、同時に既存のIT人材もしばらくは必要だということだ。

 「ただし、今から5年が過ぎた後からは、おそらくシステムが入れ替わっていく。そのため、ものすごい勢いでレガシーの技術者は必要なくなっていく。その時に入れ替わりをうまくやっていかないといけない」と足立氏は指摘する。

(3)「既存IT人材はデジタル化の意識が低い。新しい血を入れなければならない」

「IT企業の中堅以上の人は、デジタルに対して前向きではなく、本人たちにやる気がない」と思われていることが多い。

 ガートナーの調査では、一人ひとりにデジタルプロジェクトに関わりたいかどうかを聞くと、「関わりたい」という人は53%と半分程度しかいない。しかし、デジタルプロジェクト経験の有無で分けて集計してみると、1度でも経験が「ある」人の86%は「デジタルプロジェクトに関わりたい」と答えているのだ。

 「デジタルへの士気が低いと決めつけるのではなく、何か小さなものでもいいのでデジタルプロジェクトを経験する機会を設けてみてほしい。そこで、意識が変わる可能性がある」と足立氏は語る。

【次ページ】なぜバイモーダルITに取り組むべきか?

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

~人的資本の最適配置をどう実現するのか?~ サイバーエージェントの人員計画を大解剖

サイバーエージェントの人員計画の作り方を徹底解剖 ・このような方におすすめ ・サイバーエージェントの人員計画に興味のある方 ・人員計画の作り方について、他社事例を学びたい方 ・サイバーエージェントの抜擢人事の極意を知りたい方 ABEMAをはじめとするB to C領域での存在感も高め、破竹の勢いで成長するサイバーエージェント社。 同社が次の時代を捉えた戦略的な積極投資で事業領域を広げていることは周知の事実です。 ?しかし、同社の躍進はカルチャーの浸透を軸に、事業計画に連動する適材適所の人員計画と人事制度なしには語れません。 人的資本開示が義務化されて初の決算を終えた今、改めて最先端をいく同社の人員計画の作り方や人的資本に関する取り組みを解剖するセミナーを開催いたします。 ?今回はサイバーエージェント社を初期から支え、CHOとして同社の人事領域を形作られてきた曽山氏をお招きし、同社の人員計画の極意に迫ります。 ?当日のテーマは以下です。 ・良い人員計画と悪い人員計画 ・サイバーエージェント社の人員計画の作り方のポイント ・抜擢人事の極意 ?人員計画に関わる全ての人事の皆さま、そして事業計画との最適化を経営目線で見る経営企画の皆さまにとって学びのある60分を提供いたします。 ぜひご参加ください。

オンライン

~P&G・マクドナルド・レノボ出身のFP&Aアドバイザーが語る~ 自社に合ったFP&Aの始め方

明日から取り掛かる、FP&Aの始め方 このような方におすすめ ・P&G/マクドナルド/レノボ出身のFP&Aプロフェッショナルによる事例解説に興味のある方 ・明日から取りかかれるFP&Aの始め方を知りたい方 ・グローバル基準のFP&Aを自社に合った方法で取り入れたい方 ・直近5年間で、日本企業においてもFP&Aや経営管理体制の構築の重要性についての理解が深まっています。 一方でその実行となると、「全社を巻き込むのが難しい」「どこから取り組めばよいか分からない」「取り組み事例を知りたい」といったお声を多く頂戴しており、ロールモデルに対するニーズが高まってるのが現状です。 そこで、今回はP&G・マクドナルド・レノボといったFP&A先進企業で日本子会社のCFO・FP&Aをつとめ、現在はFP&Aアドバイザーとして数多くの日本企業のFP&A実装に尽力されている池側氏をお招きし、事例をベースに「明日から何に取り組めばよいか」をご理解いただけるセミナーを開催いたします。 当日のテーマは以下です。 ・P&Gなど先進欧米グローバル企業のFP&Aとは ・FP&Aを実装している日本企業の事例 ・自社に合った形でFP&Aを始めるには 他社のFP&Aのお取り組みを知りたい方、FP&Aの高度化を推進したいマネージャー・経営層の方にぜひご参加いただけますと幸いです。

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます