開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2019/08/16

国鉄書体「すみ丸ゴシック」が今も愛され続けるワケ

駅で電車に乗るとき、降りるとき、文字を目にせずにはいられない。雑誌『鉄道ジャーナル』にて鉄道の文字に特化した「されど鉄道文字PLUS」という連載を持ち、『されど鉄道文字』『駅の文字、電車の文字』(成美堂出版)の著者でもある中西あきこ氏と、西武鉄道で使われている「AXIS Font」を開発した文字のデザイナーのタイププロジェクト 代表取締役 鈴木功氏が対談した。鉄道の文字はどのようにして生まれるのか、文字の未来はどうあるべきか、語り合った。

ライター 夏野 久万

ライター 夏野 久万

ライター。会社員時代は、求人広告代理店の営業兼ライター、出版社・デザイン会社でライター・コピーライターなどを経験。デザイン会社では不動産系をはじめアパレル系や行政系など多方面に渡る制作物(チラシ、パンフレット、リーフレット、冊子、ネーミングなど)の企画立案から執筆まで手掛ける。現在はフリーライターとして、企業をはじめ保育園や個人へのインタビュー記事、恋愛コラム、新聞・雑誌で取材執筆活動をおこなっている。 note:note.mu/natukuma Facebook:facebook.com/100022731252155 Twitter:@_Natukuma Blog:natukuma.com

画像
タイププロジェクト 代表取締役 鈴木功氏(左)
ライター 中西あきこ氏(右)

みんな知らない「鉄道文字」の世界

鈴木氏:中西さんの著者に昔の駅名標は手書きだったと書かれていました。手書きならではの良さってありますよね。

画像
鈴木氏の所蔵。以前からよく読んでいたため多くの付箋がついている。

中西氏:昔は1つの鉄道会社でも、統一した書体のなかでさまざまな手書きの文字が使われていました。同じ書体でも職人によって違いが見られるのがおもしろいですね。

 1960年(昭和35年)、国鉄は「すみ丸角ゴシック体(すみ丸ゴシック)」という書体で掲示類の統一を図りました。はじめて書体見本を作り、誰が書いても統一感のある文字を目指したのです。

photo
「すみ丸ゴシック」の書体例(画像提供:中西氏)

 ちなみにすみ丸ゴシックは、時代の流れにより文字の製作方法も変わっていきました。刷毛などによる手書き文字から、切り抜き文字や堀り文字になり、やがてシルクスクリーンやインクジェットなどの印刷機器が使われるように。そういう時代の波を乗り越えられた書体として、生き残っているのです。

鈴木氏:興味深いです。中西さんは雑誌『鉄道ジャーナル』で連載を持っていらっしゃいますが、最初に取材したのは、すみ丸ゴシックだったでしょうか。

photo

中西氏:営団(帝都高速度交通営団・東京メトロの前身)の書体「ゴシック4550(ゴシックヨンゴゴマル)」を実際に作ったデザイナー 鎌田経世氏に取材しました。今までバラバラだった案内掲示に「サインシステム(駅や公共施設などを利用しやすくするため、案内サイン・案内板などを総合的に設置すること)」を先駆的に導入した話などを伺いました。

photo
「ゴシック4550」の書体例(写真提供:中西氏)

中西氏:鎌田氏が作ったゴシック4550は「縦45:横50」の比率で作られています。それは電車に乗った状態で駅名標を見たときにも、目に留まる時間が延びて記憶に残る横長のデザインとなっています。

 ちなみにこのゴシック4550は、文字タイル方式でカッティングシートを1文字1文字切って、新しい駅名ができる度に切り貼りしながら版下を作っていく手法をとっていました。結局、デジタル化には対応せず、東京メトロ発足を契機に指定書体が変更となってしまいます。

文字が「消える」ということ

鈴木氏:手書きからデジタルフォントになるなど技術が進化することで、昔から使われている文字が、 新しい書体に変えられてしまうことがあります。良い書体が消えてしまうということは、 危惧している点です。時代と技術が変わっても、使い続けられ得る書体であること、それを どう引き継ぐのかを考えています。それが僕がこの仕事に就いている意味ともいえます。

photo

中西氏:「すみ丸ゴシック」は現在、JR東海の駅名標へ引き継がれ、「スミ丸ゴシック体」の名前で使われており、こうした時代の流れを乗り越えられています。国鉄分割民営化や手書きから写真植字への移行など2回ほど、時代の流れによって書体にも波が押し寄せました。

 「書体が変わるかも」という危機感は、思いがけずファンの愛着を意識させることもあります。書体の持つ歴史的背景や希少価値など、事業者がひとつのシンボルとして位置づけ、それがうまく噛み合うと、次の時代に行ける。

 もちろん、見やすさや読みやすさも研究されるので、時代に合った文字に変化していく訳です。そのなかで鉄道の文字として「すみ丸ゴシック」が、生きながらえているのは稀有なことです。

 紙媒体やパソコンで使われている文字が、そのまま鉄道の文字に反映されることは、汎用性を考えると当然です。しかし高速移動中の車内からでも識別しやすく、鉄道事業者らしさを備え、愛され続ける書体。今後、いわゆるすみ丸ゴシック第2弾のような「鉄道のために生まれた文字」が新しくできれば良いなと思います。

【次ページ】読みやすい文字と、地域のカラー

新規顧客開拓 ジャンルのセミナー

新規顧客開拓 ジャンルのトピックス

新規顧客開拓 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!