開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2020/06/21

デザインクイズ「このレイアウト、どこがダメ?」

プレゼン資料、会社案内、商品パッケージ……どのようなデザインにも必ず見る人に「伝えたいこと」があります。伝えたいことは、デザインの目標であり、目標に到達するためにターゲットやコンセプトを吟味していきます。そして、その目標に到達できるかを左右する重要な要素が「レイアウト」です。ここでは「レイアウトの基本」を学ぶために、パズルを用意しました。皆さんチャレンジしてみてください。

アートディレクター 米倉 明男、編集者/ライター 生田 信一、グラフィックデザイナー 青柳 千郷

アートディレクター 米倉 明男、編集者/ライター 生田 信一、グラフィックデザイナー 青柳 千郷

米倉 明男
AOL(America Online) のアートディレクターとしてアプリケーションのUI 設計・デザインに従事したのち2007 年からフリーランスとして活動。専門スクールのデジタルハリウッドでUI デザインやタイポグラフィの講師を務める。

生田 信一
編集者、ライター。書籍や雑誌を制作するファーインクを運営する。デザイン・DTP・印刷関連の著作物が多数ある。Webでは「活版印刷研究所」や「デザログ」サイトでコラムや取材記事を執筆する。また、教育機関や各種セミナーの講師も勤める。東京デザイン専門学校非常勤講師。

青柳 千郷(ベーコン)
グラフィックデザイナー/ ブロガー。1984 年生まれ。北海道在住。発想力を武器としたデザイン・動画・音楽制作が得意。運営している「ベーコンさんの世界ブログ」は、デザイナーへの悩み相談やフォントの使い方、わかりやすいデザイン基礎講座など、月10 万人以上の人たちに読まれている。

画像
パズルゲームにチャレンジ
(Photo/Getty Images)
本記事は『レイアウト・デザインの教科書』の内容を一部再構成したものです。

レイアウトとは何か?

 レイアウトとは何か考えたことがありますか? たとえば街中に貼ってあるポスターのデザインをじっくり見てみると「文字」「画像」「配色」といった要素で構成されていることに気づくはずです。レイアウトとはデザインのパーツである「文字」「画像」「配色」といった要素を見る人に読みやすく、きれいに配置してあげることです。

パズルゲームにチャレンジ

 デザインの要素の1つである「レイアウト」を簡単に、感覚的に理解するために、パズルゲームを用意しました。ルールは簡単です。下の枠内にある「パズルゲームの素材」だけを使って、イベント告知のポスターを作っていきましょう。

画像
パズルゲームの素材(ルールは本文参照)

 ポスターを見る人は30~40代の女性です。森の中でパンやコーヒーを楽しむイベントを想定しています。文字や画像のパーツの位置を変えたり、大きさを変えてもかまいません。

レイアウトのパズルゲームのルール

  1. 素材を使ってイベント告知のポスターを作る
  2. 30~40代の女性に向ける
  3. 使える素材は上にあるパーツのみ
  4. 位置や大きさを変更してもOK

このレイアウトのどこがダメ?

 この条件でデザインを作ってみたのが下の例になります。パッと見てどう思いましたか? きれいにまとまっているでしょうか。実はこれ、悪いレイアウトなのです。

画像
悪いレイアウトの例

 一見、それなりに作られたレイアウトのように思えます。いったいどこが悪いレイアウトなのでしょうか? また、どうすれば良いレイアウトになるのでしょうか? 次のページで解説していきます。

【次ページ】なぜ悪いレイアウトなのか

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのセミナー

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!