開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2020/11/25

ブラザー会長 小池利和流の危機管理術、「データ」で新型コロナをどう乗り越えるのか

IVI公開シンポジウム2020 -Autumn-レポート

ブラザー工業に入社して3年目に、米国に出向して23年間ずっと米国でビジネスを展開してきた小池利和氏。販売・マーケティングから商品企画、IT、財務、ロジスティック、サービスと、あらゆる職種を歴任し、2007年に同社の社長に就任。その後、データに基づく経営により、リーマンショックなど、数々の危機を乗り越えてきた。いま多くの企業は、新型コロナウイルスによる未曽有の危機を一体どう切り抜けていけばよいのか、頭を悩ませている。先ごろ開催された「IVI公開シンポジウム2020 -Autumn-」の基調講演では、ブラザー工業の屋台骨を支え続けた小池氏が、自身の経験をもとに、WithコロナとAfterコロナにおける企業の生き残り術を開陳した。

フリーライター 井上 猛雄

フリーライター 井上 猛雄

1962年東京生まれ。東京電機大学工学部卒業。産業用ロボットメーカーの研究所にて、サーボモーターやセンサーなどの研究開発に4年ほど携わる。その後、アスキー入社。週刊アスキー編集部、副編集長などを経て、2002年にフリーランスライターとして独立。おもにロボット、ネットワーク、エンタープライズ分野を中心として、Webや雑誌で記事を執筆。主な著書に『キカイはどこまで人の代わりができるか?』など。


海外売上が8割超のグローバル企業、変化し続けるブラザーの強み

photo
ブラザー工業
代表取締役会長
小池 利和 氏
 ブラザー工業は、もともとメカトロニクスが得意で、1980年代からオフィス向け電子タイプライタ―を販売していた。その頃ちょうどPCが普及を始めた。当時はPCに接続できるコストパフォーマンスの良いプリンターが求められていた時代だ。

 小池氏は「そこで自社のタイプライタ―からキーボードを外し、インタフェースを付ければ、PC用プリンターになると考えました。当時としては1000ドルという破格の値段でプリンターを発売し、大ヒットしたのです。これらが進化して、現在のレーザー複合機にもつながっています」と説明する。

 米国時代は、プリンターのOEMもやっていたが、基本的にはブラザ―商品を量販店に売り込み、彼らと共に成長しながらビジネスを展開。時流に乗って年20%の高成長を続けてきた。米国におけるプリンターのマーケットシェアは50%を超える勢いだった。

 最初はインパクトプリンターだったが、音もせずに高品質な印刷ができるノンインパクトプリンターを開発。ファックスも後発ながら、オートカッター付きで安い価格で売り出し、その機能をプリンターに付加した複合機を1995年に発売した。

「インクジェット式やレーザー式複合機など、毎年のように新製品を投入し、ビジネスも膨らんでいきました。私の米国出向中に、米州の売上は25倍になり、ブラザーグループとしても2019年度は連結で6,373億円まで成長しています」(小池氏)

 現在は、売上の6割が通信・プリンティング機器で占めている。同社は100年前の設立時はミシンを生業としてスタートしたが、ミシン関連の割合は家庭用と工業用を合わせても約10%ほどに落ちているという。

 ブラザー工業は90年代からグローバルでビジネスを展開してきた。現在は40以上の国と地域に生産拠点や販売・サービス拠点を設けており、売上の8割が海外で、生産も9割以上が海外で行われている。

画像
ブラザー工業は40以上の国と地域に生産拠点や販売・サービス拠点があるグローバル企業だ。従業員も日本の割合は3割弱ほど

 このように小池氏は「40数年にわたり、我々は、さまざまなチャレンジを続け、売上を伸ばしてきました。非常に幸運でしたが、かなりの部分で、米国・欧州・中国を含むアジアの売上がバランスよく伸びてきたことが大きな要因でした」と振り返る。


第三の波のあと突如襲ってきたブラックスワンをチャンスに変えるには?

 ブラザーの過去112年の歴史を振り返ると、創業から1980年代半ばまでが「第一の波」にあたり、ミシン専業から電子化へと移った時代だった。そして2005年ぐらいまでが「第ニの波」で、情報化の波に乗り、プリンターや複合機などを開発していった時代だ。

 さらに現在までが「第三の波」の時代で、ドキュメント・スキャナーやコーディング・マーキングマシン、ギアドモータなどの新領域にも手を広げている状況だ。現在はBtoCからBtoBへターゲット層も変わり、新たな変曲点を迎えているという。

画像
ブラザ―工業の変遷。ミシンを中心にした「第1の波」、プリンタを中心とした「第2の波」、新領域を手掛けた「第3の波」へと変化。

 これまで、ブラザー工業は、どんな変化や危機が起きても「At your side」で取り組むという経営方針を掲げてきた。

画像
ブラザー工業では、どのような変化や危機が起きても、顧客や従業員視点で考えながら事業を継続させる「At your side」で取り組んできた。

「お客さまに期待以上のモノを提供することがミッションです。我々は、モノづくりの風上から、どこの国で売るのかという風下まで、サプライチェーン全体をデジタルで見える化したうえで、最適な管理をすることを真剣に検討する時期に来ていました」と小池氏。

 そんなときに起きた今回のコロナウイルス騒動。まさにブラザー工業にとっては「ブラックスワン」のような出来事だった。これまでの常識がまったく通用しないなか、変革を遂げながらも、ビジネスの舵とりをしなければいけない状況になった。

 政治面でも米中対立があり、まだBREXITも解決していない。世界経済が変わり、ビジネスモデルはネットによるディストリビューションにシフトし、ECが盛んに利用されるようになった。顧客の購買行動が抑えられ、ビジネスでもリモートワークが進み、効率の良い働き方が課題になっている。

 そのような状況で、小池氏は「まず変化を敏感に察知しチャンスに変えることが大切です。企業の人材・業務・事業の変革に急いで手を付けないと、不透明な世の中でのサバイバルは難しいと考えている」と語る。

【次ページ】リーマンショックから学んだ、ブラザー工業の「嵐」の乗り越え方

製造業IT ジャンルのセミナー

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!