• 会員限定
  • 2022/02/24 掲載

「産業用AI」「産業用AIoT」とは何か、2021~26年の予測で見えた“明るい”市場動向

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
製造業やエネルギー企業にとって、AI(人工知能)は世界的に重要な技術となっています。この記事では、ドイツの市場調査会社IoT Analytics(IoTアナリティクス)社の市場調査レポート「産業用AIおよびAIoT市場(2021年~2026年)」から、産業用AI、産業用AIoTについての定義と、技術の普及を促進する4つのトレンドを紹介いたします。

編集協力:グローバルインフォメーション

編集協力:グローバルインフォメーション

世界の主要調査会社250社以上とパートナー契約を結び、日本をはじめとする世界各所で市場調査レポートを提供している。パートナーが発行するレポートは複数産業の約10万点におよび、毎月2000点超の新刊が発行されている。レポートの販売のほか、提携先への委託調査の仲介も実施している。
企業URL:https://www.gii.co.jp/

画像
「産業用AI」「産業用AIoT」とは?(後ほど4大トレンドと併せて詳しく解説します)

この記事のポイント
  • IoT Analyticsは最新の調査報告において、AIoT市場が2026年までに1,022億ドルに達すると予想しています。
  • この技術をけん引しているのは、4つのトレンドです。(1)新しいソフトウェアツールの利用可能性、(2)単純化されたAIソリューションの開発、(3)従来のアプリケーションへのAI投入、(4)AIハードウェアの進歩です。

「産業用AI」「産業用AIoT」とは何か

 産業用AIとは、製造業において物理的なオペレーションやシステムに関わるAIです。AIを活用したシステムにより、製品開発/製造、サプライチェーンや現場におけるオペレーションなど、産業の基本的なプロセスを自動化し、改善することができます。

 一方、産業用AIoTとは、産業用AIの1つで、製造業におけるAIのうちIoT型のデータに基づいて行われるものを指します。

 AIoTとは、シャープがAIとIoTを組み合わせて作った造語です。

なぜAIoT市場が重要なのか
  • 製造業で使われるソフトウェアやハードウェアのプロバイダーは、既存の製品にAIによる機能を組み込むようになっています。
  • メーカーはこれらのソリューションを賢く採用し、作業の効率化、製品品質の向上、工程の改善を実現しています。

  • コロナ後は年“35%”で成長、市場規模は「11兆円超」へ

     産業現場でのAI導入率は、2年余りの間で19%から31%に増加しました。調査で回答のあった企業のうち、業務の全体または一部にAI技術を導入したのが31%であったほか、39%が現在、技術を評価中または試験的に導入しています。

     あらゆる分野でAIの導入が進む中、特にエネルギー分野と、石油・ガスや化学製品などのプロセス産業での増加が顕著です。高価値の資産、大量の作業データ、何百というパラメータに左右されるプロセスなどを組み合わせることができる、という点がこれらの産業における導入を強力に後押ししています。

     一般的な産業用AIアプリケーションには、予知保全(PM)などのメンテナンス、予測的品質管理、マシンビジョンシステムによる故障検出、AIによる在庫管理の最適化、AIによる生産計画・最適化などがあります。

     AIは、世界的に製造業やエネルギー企業にとって重要な技術となっています。IoT Analyticsは、産業用AIソリューションの市場が、新型コロナウイルス感染症の流行が落ち着いた後、年平均成長率(CAGR)35%という高い数値で伸長し、2026年には市場規模が1,021億7,000万米ドル(約11兆8,000万円)に達すると予想しています。

     今後、多くの製造業務や関連アプリケーションに真のAI(単純な統計データではない)が浸透していくことは、ますます明白になっています。IoT Analyticsの調査によると、4つの主要なトレンドが、産業現場におけるAIの普及を促進しています。

    【次ページ】市場拡大を後押しする「4大トレンド」をこちらで解説

    関連タグ

    関連コンテンツ

    オンライン

    Slack AI Day

    Slack AI の日本語ローンチを祝し、革新の軌跡を振り返り、未来への一歩を踏み出す特別なイベントを開催します。 「コミュニケーションの先の未来を再定義する」というテーマのもと、Slack はメッセージングツールから AI を活用した強力なプラットフォームへと進化しました。 私たちの働き方を根本から変えるこのプラットフォームでは、CRM やアプリケーションの複数同時活用が可能で、 あらゆるデジタル業務が Slack を通じて円滑に進行します。 また、AI の強化により、過去の会話や見落としていた情報を活用して、ワンクリックで最適なコミュニケーションを実現することができます。 この記念すべきイベントでは、「新しい働き方」と業務における生成 AI の活用に焦点を当てます。 Slack AI を通じて、私たちは日常の業務プロセスを根本から変革し、生産性の飛躍的な向上を目指します。 AI とオートメーションの融合が、時間を要する従来のプロセスを一新。 Salesforce の Customer 360 と連携した Slack で働き方が劇的に変わります。 Slack を愛用し続けてくださる皆さま、そしてこれから Slack をご利用してくださる皆さまと共に、AI による業務効率化の新時代を創ります。 進化を遂げた Slackと一緒に、未来の働き方を再定義し、その可能性を探求しませんか? 【このような方におすすめです】 ・業務における生成 AI の活用を模索している方 ・より効率的な働き方・チームコミュニケーションを模索している方 ・Slack でできることを知りたい方、Slack の利用を検討している方 ・Slack を使っているけど、"コミュニケーション" 以外の新しい利用価値を知りたい方 ・部門・プロジェクトごとの部分的な Slack 利用から組織全体へ広げていきたい方 ・Slack 無償版から有償版へ切り替えたい方

    あなたの投稿

      PR

      PR

      PR

    処理に失敗しました

    人気のタグ

    投稿したコメントを
    削除しますか?

    あなたの投稿コメント編集

    機能制限のお知らせ

    現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

    そのため、この機能はご利用いただけません。
    詳しくはこちらにお問い合わせください。

    通報

    このコメントについて、
    問題の詳細をお知らせください。

    ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

    通報

    報告が完了しました

    コメントを投稿することにより自身の基本情報
    本メディアサイトに公開されます

    必要な会員情報が不足しています。

    必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

    • 記事閲覧数の制限なし

    • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

    • タグフォロー

    • おすすめコンテンツの表示

    詳細情報を入力して
    会員限定機能を使いこなしましょう!

    詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
    報告が完了しました

    」さんのブロックを解除しますか?

    ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

    ブロック

    さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

    さんをブロックしますか?

    ブロック

    ブロックが完了しました

    ブロック解除

    ブロック解除が完了しました

    機能制限のお知らせ

    現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

    そのため、この機能はご利用いただけません。
    詳しくはこちらにお問い合わせください。

    ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
    お相手に公開されます