開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2022/02/24

「産業用AI」「産業用AIoT」とは何か、2021~26年の予測で見えた“明るい”市場動向

製造業やエネルギー企業にとって、AI(人工知能)は世界的に重要な技術となっています。この記事では、ドイツの市場調査会社IoT Analytics(IoTアナリティクス)社の市場調査レポート「産業用AIおよびAIoT市場(2021年~2026年)」から、産業用AI、産業用AIoTについての定義と、技術の普及を促進する4つのトレンドを紹介いたします。

編集協力:グローバルインフォメーション

編集協力:グローバルインフォメーション

世界の主要調査会社250社以上とパートナー契約を結び、日本をはじめとする世界各所で市場調査レポートを提供している。パートナーが発行するレポートは複数産業の約10万点におよび、毎月2000点超の新刊が発行されている。レポートの販売のほか、提携先への委託調査の仲介も実施している。
企業URL:https://www.gii.co.jp/

画像
「産業用AI」「産業用AIoT」とは?(後ほど4大トレンドと併せて詳しく解説します)

この記事のポイント
  • IoT Analyticsは最新の調査報告において、AIoT市場が2026年までに1,022億ドルに達すると予想しています。
  • この技術をけん引しているのは、4つのトレンドです。(1)新しいソフトウェアツールの利用可能性、(2)単純化されたAIソリューションの開発、(3)従来のアプリケーションへのAI投入、(4)AIハードウェアの進歩です。

「産業用AI」「産業用AIoT」とは何か

 産業用AIとは、製造業において物理的なオペレーションやシステムに関わるAIです。AIを活用したシステムにより、製品開発/製造、サプライチェーンや現場におけるオペレーションなど、産業の基本的なプロセスを自動化し、改善することができます。

 一方、産業用AIoTとは、産業用AIの1つで、製造業におけるAIのうちIoT型のデータに基づいて行われるものを指します。

 AIoTとは、シャープがAIとIoTを組み合わせて作った造語です。

なぜAIoT市場が重要なのか
  • 製造業で使われるソフトウェアやハードウェアのプロバイダーは、既存の製品にAIによる機能を組み込むようになっています。
  • メーカーはこれらのソリューションを賢く採用し、作業の効率化、製品品質の向上、工程の改善を実現しています。

  • コロナ後は年“35%”で成長、市場規模は「11兆円超」へ

     産業現場でのAI導入率は、2年余りの間で19%から31%に増加しました。調査で回答のあった企業のうち、業務の全体または一部にAI技術を導入したのが31%であったほか、39%が現在、技術を評価中または試験的に導入しています。

     あらゆる分野でAIの導入が進む中、特にエネルギー分野と、石油・ガスや化学製品などのプロセス産業での増加が顕著です。高価値の資産、大量の作業データ、何百というパラメータに左右されるプロセスなどを組み合わせることができる、という点がこれらの産業における導入を強力に後押ししています。

     一般的な産業用AIアプリケーションには、予知保全(PM)などのメンテナンス、予測的品質管理、マシンビジョンシステムによる故障検出、AIによる在庫管理の最適化、AIによる生産計画・最適化などがあります。

     AIは、世界的に製造業やエネルギー企業にとって重要な技術となっています。IoT Analyticsは、産業用AIソリューションの市場が、新型コロナウイルス感染症の流行が落ち着いた後、年平均成長率(CAGR)35%という高い数値で伸長し、2026年には市場規模が1,021億7,000万米ドル(約11兆8,000万円)に達すると予想しています。

     今後、多くの製造業務や関連アプリケーションに真のAI(単純な統計データではない)が浸透していくことは、ますます明白になっています。IoT Analyticsの調査によると、4つの主要なトレンドが、産業現場におけるAIの普及を促進しています。

    【次ページ】市場拡大を後押しする「4大トレンド」をこちらで解説

    お勧め記事

    AI・人工知能・機械学習 ジャンルのセミナー

    AI・人工知能・機械学習 ジャンルのトピックス

    AI・人工知能・機械学習 ジャンルのIT導入支援情報

    PR

    ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!