• トップページ
  • 生産・製造
  • 新製品開発
  • まるで日本経済の「写し鏡」、モデルナ生んだボストン地区に今こそ注目すべきワケ 篠﨑教授のインフォメーション・エコノミー(第156回)

  • 会員限定
  • 2023/03/15 掲載

まるで日本経済の「写し鏡」、モデルナ生んだボストン地区に今こそ注目すべきワケ 篠﨑教授のインフォメーション・エコノミー(第156回)

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
米国ハイテク産業の2大拠点といわれていたルート128がIT革命の中でシリコンバレーと明暗を分けたのは、失われた30年を余儀なくされた日本の姿に重なる。だが今では、デジタル化の新たな展開とともにルート128が輝きを取り戻している。リアルとの融合によって「ウェットラボ」の領域に可能性が広がったからだ。リアルな物質を取り扱う領域の技術開発力は、日本が得意とするところでもある。ルート128の復活は、日本経済再生の手掛かりになりそうだ。

執筆:九州大学大学院 経済学研究院 教授 篠崎彰彦

執筆:九州大学大学院 経済学研究院 教授 篠崎彰彦

九州大学大学院 経済学研究院 教授
九州大学経済学部卒業。九州大学博士(経済学)
1984年日本開発銀行入行。ニューヨーク駐在員、国際部調査役等を経て、1999年九州大学助教授、2004年教授就任。この間、経済企画庁調査局、ハーバード大学イェンチン研究所にて情報経済や企業投資分析に従事。情報化に関する審議会などの委員も数多く務めている。
■研究室のホームページはこちら■

インフォメーション・エコノミー: 情報化する経済社会の全体像
・著者:篠崎 彰彦
・定価:2,600円 (税抜)
・ページ数: 285ページ
・出版社: エヌティティ出版
・ISBN:978-4757123335
・発売日:2014年3月25日

photo
米国ルート128の復活は、日本経済再生の手がかりになるかもしれない
(Photo/Shutterstock.com)

復活した「地球上で最も革新的な一画」

 第153回の連載で解説したとおり、米国東海岸のルート128は、IT革命の中でシリコンバレーと明暗を分け、いったんは衰退した。だが、イノベーションの舞台がバーチャルとリアルの融合した世界へと相転移する中、今では活気を取り戻している。

 ルート128を形成する東海岸エリアには、ハーバード大学、MIT(マサチューセッツ工科大学)、ボストン大学など核となる多彩な大学のキャンパス群が存在し、コンパクトなエリア内に異なる特徴のミニ・エコシステムが集積している。

 こうした地域の特徴を背景に、地理的、歴史的背景で育まれたリアルな技術開発の領域で、課題解決に向けた実践的なイノベーションが湧き起こったのだ。コロナ禍におけるモデルナ社の躍進は、その象徴といえるだろう。

 同社の本社やMITが所在するケンブリッジ市の街路には、「地球上で最も革新的な一画(Most Innovative Square Mile on the Planet)」と記載されたモニュメントがさりげなく設置されている(図表1)。

画像
図表1:モデルナ社やMITが所在するケンブリッジ市の街路の一角には、Most Innovative Square Mile on the Planet(地球上で最も革新的な一画)と記されたモニュメントが立つ
(写真:著者撮影)

ルート128の歩みは日本経済の「写し鏡」だ

 そもそも、シリコンバレーと並ぶハイテク産業の2大拠点と称されていたルート128がIT革命下の1990年代に衰退したのは一体なぜだったのだろうか。

 両地域を比較分析したSaxenian(1994)によると、ルート128では保守的な大企業が技術を自前主義的に抱え込む一方で、政治力を頼りにワシントンへ過度の傾斜を進めたからだとされる。この点は、連載の第153回で解説したとおりだ。

 この見立てによれば、1990年代にみられたシリコンバレーとルート128の明暗は、同じ時期にみられた日米経済の明暗とうり二つだ。そうだとすれば、その後のルート128の復活は、日本経済の再生に向けた手掛かりになるかもしれない。

 ルート128の復活は、新たなデジタル化によって、リアルと融合した「ウェットラボ」の領域に可能性が広がっていることが一因だが、これは日本が得意とする技術開発の領域といえそうだ。

 実際、ノーベル賞で多くの日本人受賞者を輩出している分野は、化学賞や生理学賞などリアルな装置や器具、化学品や試薬を使用する「ウェットラボ」の領域だ。また、過去を振り返ると、1980年代の日本は、ルート128と同様に、「エレクトロニクス革命」で世界最先端の地として脚光を浴びていた。

 デジタル化の波がリアルな領域に押し寄せているならば、日本にも可能性が及んでいると考えてもおかしくはない。その意味で、過去30年間のルート128の衰退と復活の道筋は、日本経済の写し鏡として、課題と可能性を考える際に極めて興味深い。 【次ページ】日本がかつて電子機器で優位だったのはなぜ?

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます