• 会員限定
  • 2023/04/13 掲載

12年で30倍…爆速で活用進む「バイオプラ」、セブンや花王も大注目の新素材が作る未来

記事をお気に入りリストに登録することができます。
コンビニでもらうスプーンやフォークなど、普段利用しているプラスチック製品では、環境に優しい素材の活用が急速に進んでいる。その素材の1つが「バイオプラスチック」だ。セブン&アイ・ホールディングスやカゴメなどの大手企業は積極的に導入を進めている。SDGsなどの取り組みが求められる昨今、このバイオプラという新たなプラスチックに大きな期待がかかっている。ではバイオプラとはどんなプラスチックなのか。本当にこれからの利用は拡大していくのだろうか。

執筆:元技術系公務員ライター 和地 慎太郎(わち・しんたろう)

執筆:元技術系公務員ライター 和地 慎太郎(わち・しんたろう)

東北大学大学院応用化学修了後、大手製造業で電子材料などの製造開発に従事。その後、地方公務員の化学技術職として採用され、製造業者などさまざまな企業に対し、工場排水や廃棄物処理などの環境法令に関する実務を主に担当。公害防止管理者や廃棄物処理施設技術管理者などの国家資格を保有。2022年からフリーライターに転身し、環境ジャンルの専門性や、製造業と公務員のバックグラウンドを生かし、webメディアや企業サイトの記事などの執筆を行う。

photo
世界におけるバイオプラスチック製造能力の見通しは明るいが、日本はどうか?(後ほど詳しく解説します)

そもそも「バイオプラスチック」って何?

 近年、バイオプラスチック(バイオプラ)が注目を集めているが、その背景にはプラスチック資源循環促進法(プラ新法)の施行(2022年4月)がある。プラ新法については過去の連載で詳述しているのでここでは省略するが、これにより企業はプラスチック製品を再生プラスチックやバイオプラなどを使った製品に代替することが求められているのだ。


 そもそもバイオプラとは何だろうか。まずは図1を見てほしい。

画像
図1:そもそもバイオプラスチックってどんなプラスチック?
(環境省 資料より編集部作成)

 バイオプラは、バイオマスプラスチックと生分解性プラスチックの総称を言う。バイオマスプラスチックは植物などの再生可能な有機資源を原料として使用しており、たとえばサトウキビやトウモロコシ由来の糖などから製造される。一方、生分解性プラスチックはバイオマスプラスチックと同様に有機資源由来の原料を利用しているが、最終的には自然界に存在する微生物などの働きによってCO2と水に分解される。

 ただバイオプラは現状、食器や容器などへ製造される際、化石由来の原料と併用されることが多く、焼却処分をすればCO2が排出される。それでもカーボンニュートラルとされるのは、原料となる植物の育成過程でCO2を吸収するため排出するCO2と相殺できる、と考えられるからだ。

 環境省によると、ブラスケム社(ブラジル)の調査でバイオポリエチレン(バイオPE)のLCA(ライフサイクルアセスメント)分析を実施したところ、原料栽培から樹脂製造の工程で、1キロのバイオPE当たり3.09キロのCO2を吸収することがわかっている。

 また、生分解性プラスチックであれば、意図せず海などに流出しても、CO2と水に分解されるため滞留するプラスチックごみを減らすことができる。バイオプラを利用すれば、化石資源の使用削減や、CO2の排出削減、海洋プラスチックごみの削減など、さまざまな効果が期待できるのだ。

日本の出荷量は「12年で約30倍」に?

 今後、化石由来プラスチックからの転換が進むことが想定され、多くの企業にとってバイオプラを利用する機会が増えることは間違いない。

 欧州バイオプラスチック協会(EUBP)のレポートによると、2022年の世界のバイオプラスチック製造能力は221万トンで、今後5年間で約3倍の629万トンに増える見込みとされている(図2)。

画像
図2:今後5年間で世界のバイオプラスチックの製造能力は約3倍にまで拡大する見通し
(EUBP レポートより編集部作成)

 プラスチック製造量で見ると、2020年は世界で3億6700万トンに上るとされている。単純比較はできないがバイオプラの割合はわずかで、生産拡大の余地はまだまだ大きいと言えるだろう。

 一方日本では、バイオプラの導入目標を非常に高く掲げている。2018年のバイオマスプラスチック製品の国内出荷量は7.2万トンだったが、2030年の目標は約200万トンとしており、その差はなんと30倍弱となっている。

 現状ではバイオプラのほとんどが海外で製造されているが、今後、需要拡大の見込みが立つことで日本国内での製造も増えていくだろう。そして製造量の増加に伴い、コスト最適化も期待できる。

 バイオプラの製造・利用の拡大が予想できるとは言え、すべてのプラスチックがバイオプラスチックに転換されるものではない。ケースに応じた適切なバイオプラの導入が必要なのだが、ポイントはどういったところにあるのだろうか。花王やセブン、カゴメの事例と併せて解説しよう。

photo
photo
次のページでは、製品パッケージや容器などが環境に優しいのかどうかがわかる認証制度を解説しつつ、花王やセブン、カゴメなどの企業事例についても紹介します。

【次ページ】花王・セブン・カゴメの事例

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます